世界有名サーフスポットをテーマにしたサーファーの為のスープ『Surf Soup』が誕生!

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフメディアNALUより、サーファーのためのスープ『Surf Soup』が誕生!

サーフメディア『NALU』が、フードテックスタートアップ「ウェリコ」と共同開発で、本格冷凍スープブランド「Surf Soup」の販売を開始した。

「Surf Soup」は世界の名高いサーフスポットをテーマにした「サーファーのためのスープ」。海上がりの身体を温めてくれる、至極の一杯。サーフィンの聖地を、その土地に根付くローカルスープで巡る、新しいサーフトリップが始まる。

美しい波と戯れ、酒場で見知らぬサーファーと語り合い、満月を見上げて共に唄う。知らない街の路地裏で面白い話を聞き、どこかのレストランの匂いに誘われ、ふらりと夕食にたどり着く。そこで地元の男に勧められた、あのローカルフード。10年以上経った今でも、この舌に鮮明に残る味……。サーファーが触れるそんな世界感を、サーフメディア「NALU」が「Surf Soup(サーフスープ)」という形で表現した。

世界のサーフタウンにちなんだ味

NALUと料理家とのコラボレーションによって生まれたこの「サーフスープ」は、世界の有名サーフスポットのある土地にちなんだ味というのが最大のポイント。ポルトガルやフランス、タヒチなど、その土地で愛される郷土料理を贅沢にもサーファー仕様にアレンジ。魚や貝、エビがたっぷり入ったトマト系の海鮮スープ「チョッピーノ」や、たっぷりの魚介を香味野菜と共にじっくり煮込んだ「スープ・ド・ポワソン」など、家庭では再現できないような深みのある味とラインナップで全5種類を用意。湯せんで温めるだけで完成するスープとは思えないほど、豪華な具材や本格的な味が魅力だ。

ハレの日ギフトに自信をもっておすすめ

リモートワーク推進により都内から沿岸部への移住が増加したり、また競技としてのサーフィンへの認知も増え、昨今サーフィンへの関心度もアップしている。さらに『NALU』読者は若い頃にサーフィンを行っていたリバイバル層(40〜50代)が多く、サーファーのハレの日消費・サーファー向けギフトとしても喜ばれることでしょう。世界の名高いサーフスポットをテーマとした味を展開。そしてサーフィンの聖地を巡るような至極のサーフトリップ体験を、海上がりの身体を温めてくれるスープとともにお届けします。

海上がりの、少し贅沢な朝食として。サーフィン好きな方へ贈るギフトとして。さらにサーファー仲間と過ごす、特別な日のおもてなし料理として。日常に彩りを添えてくれるサーフスープをぜひ楽しんでください。

スープは全5種類。サーフィンの聖地をスープで楽しもう

1.Cioppino(チョッピーノ/アメリカ西海岸)1100円(税込)

イタリア・ジェノバのリグリア語で「刻む」に由来する「チョッピーノ」は、かつてノースビーチに入植したイタリア人漁師が考案したという説があります。名の通り、刻んだ魚や貝、エビがたっぷり入ったトマト系の海鮮スープに、チリペッパーの辛みとハーブの風味が利いた、サーフィンの聖地・アメリカ西海岸の味わいです。

2.Soupe de poisson(スープ・ド・ポワソン/フランス) 1100円(税込)

フランス・ホセゴーは、リゾートの優雅なイメージとは裏腹に、ハードな波が有名です。そんな海岸線のビストロでは定番の「スープ・ド・ポワソン」は、たっぷりの魚介を香味野菜と煮込んだ超濃厚スープ。ガーリックトーストにアイオリソースを塗って、熱々のスープにディップする、現地のスタイルでお楽しみください。

3.Pie floater(パイフローター/オーストラリア)1100円(税込)

世界中の旅するサーファーたちの目的地、オーストラリア南部に伝わる、翡翠色のスープ。鮮やかなグリーンピースの自然な旨味が引き立ち、そこにトッピングされたミートパイは相性抜群です。パイは、小さく食べやすい形にアレンジ。オリーブオイルと粗びきこしょうをかければ、よりパンチのあるテイストを楽しめます。

4.Fish soup (フィッシュスープ/タヒチ)1100円(税込)

サーファーたちが恐れ、憧れるビッグウェーブポイント「チョープー」でも知られる特別な島、タヒチ。2024年のパリ五輪のサーフィン会場です。「フィッシュスープ」は、豊富な種類の魚を煮込んだ魚介のスープに、じゃがいもの甘みと、フェンネルの風味、そしてカレー粉を加えた、南国らしい風味を楽しめる一杯です。

5.Caldeirada(カルディラーダ/ポルトガル・ナザレ)1100円(税込)

ビッグウェーバーたちの聖地、ポルトガル・ナザレ。このあたりの海岸線で人気の「カルディラーダ」は、魚介類と野菜をトマトソースで煮込んだ、ポルトガル風ブイヤベースです。さらに厚切りベーコン、サルシッチャ、人参、ローストした玉ねぎを加えたボリューミーな一杯。バジルソースを入れると、また印象的な味わいに。

photo: Kenyu, Red Bull / Domenic Mosqueira, Ryan Miller, Anthony Fox

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet