『SFJが奄美大島 嘉徳浜の保全活動に賛同』日本の残り少ない手つかずの自然の砂浜を守りたい

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

執筆者:SFJ 中川 淳

UNESCOの世界自然遺産登録の評価機関『IUCN』に声明文を届ける

Surfrider Foundation Japanは、Save The Waves Coalitionと連携し「奄美の森と川と海岸を守る会」が現地で行う奄美大島・嘉徳浜の保全活動に賛同し、UNESCOの世界自然遺産登録の評価機関であるIUCNに対し以下の声明文を届けました。

 

鹿児島県が嘉徳浜に高さ6.5m、全長180mの護岸建設を計画

嘉徳浜は、時を超え、古来の自然美を今に伝えることから「ジュラシックビーチ」とも呼ばれます。奄美大島内の公共ビーチで唯一護岸がされておらず、最後の自然のサーフ・エコシステム(地形や動植物と人間との関係を象徴する波をとりまく生態系)となっています。

鹿児島県は、この浜に高さ6.5m、全長180mの護岸建設を計画しています。護岸は、自然に形成された砂丘の上に建設予定で、砂丘の生態系及び嘉徳川の自然の流れを妨げます。計画が着々と進んでいく最中に、11,640 haの奄美大島の土地が、UNESCOにより世界自然遺産に登録され、嘉徳浜と嘉徳川は緩衝地帯として組み込まれました。護岸建設は、世界自然遺産の登録によって保護、保全しようとしている自然資源と手つかずの完全なエコシステムに対する脅威となります。

また、嘉徳浜の素晴らしい自然は、アマミノクロウサギなどを含む固有種や絶滅危惧種の聖域でもあります。IUCNのレッドリストに「深刻な危機」(Critically Endangered、極度に高い絶滅の危機にある)とリストされるオサガメの上陸産卵が日本で唯一記録されている場所でもあります。リュウキュウアユは環境省が絶滅危惧IA類(CR)に指定する固有種で、嘉徳川下流に生息し、淡水と海水を行き来します。

浜に流れ込む嘉徳川はUNESCOの世界自然遺産登録の評価機関であるIUCNにより、「奄美大島で最後の自然の流れを残す川」と認められました。SFJはWWFなど他の環境保護団体にも連携を求め、貴重な嘉徳浜の原生的な砂浜と付近一帯の景観の保護を訴えます。

SFJ 代表理事 中川 淳

*本記事はSFJより依頼、又は許諾を得て掲載しております。

●嘉徳浜 関連記事:人工物により砂浜が消滅する理由。護岸建設がもたらす影響 手付かずの大自然が残されている奄美大島 嘉徳浜の防波堤建設と海岸侵食



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet