マテウス・ハーディ大逆転9.50pt!WSLファイナル進出選手が決定『コロナオープン・メキシコ』3日目トップ10映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

マテウス・ハーディ
20歳の新鋭マテウス・ハーディ(Mateus Herdy)大逆転9.50pt:WSL/Tony Heff

1.WSLファイナル進出選手が決定

ライトブレイクポイント、メキシコのバラ・デ・ラ・クルスで開催されているCT第7戦『Corona Open Mexico presented by Quiksilver (コロナ・オープン・メキシコ)』3日目。この日は急遽CT最終戦の中止のリリースがあり、以下の通りWSLファイナルへの進出選手が決定したが、男子は5人中3人がブラジリアンと相変わらずブラジルが強い。WSLファイナルは9月にカリフォルニアのローワー・トラッセルズで開催される。

●関連記事
フランス領ポリネシアの非常事態宣言を受けCT最終戦タヒチプロ中止を発表
和井田理央が世界ランク3位のフィリペ・トレドを倒しベスト16へ!
五十嵐カノアがケリー・スレータ、コロへ・アンディーと対戦『コロナオープン・メキシコ』初日映像

【WSLファイナル進出選手:男子】
ガブリエル・メディーナ(BRA)、イタロ・フェレイラ(BRA)、フィリペ・トレド(BRA)、コナー・コフィン(USA)、そしてCTルーキーのモルガン・シビリック(AUS)

【WSLファイナル進出選手:女子】
カリッサ・ムーア(HAW)、ジョアン・ディファイ(FRA)、タティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)、サリー・フィッツギボンズ(AUS)、ステファニー・ギルモア(AUS)

2.『コロナオープン・メキシコ』3日目のトップ10映像

世界チャンピオン、イタロ・フェレイラと、ガブリエル・メディーナは、それぞれブラジルのデビッド・シルバと、マテウス・ハーディーと対戦しQFで敗退という波乱。

本大会ワイルドカード出場のブラジルの新鋭20歳のマテウス・ハーディ(Mateus Herdy)は、QFで残り5分半、ニード8.17ptと追い詰められた場面。このソリッドでパワルフルな波のクリティカルポイントからエアリバースを成功させ9.50ptを叩き出す。同じブラジルの先輩 イタロ・フェレイラに逆転勝利してセミファイナルへ。ワイルドカードでの優勝も見えてきており、トップを独占するブラジル勢から、更に若手有望選手がでてきております!

明日のセミファイナル

マテウス・ハーディの大逆転9.50pt

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

以下、『コロナオープン・メキシコ』3日目の男女トップ10映像となります。

大会の結果詳細などは以下よりどうぞ!
Corona Open Mexico presented by Quiksilver 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet