【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

3輪トライウィールのサーフスケート『TRY WHEEL』を使った陸トレHow to

海に入っていない時間も楽しく過ごせ、サーフィンスキルもアップするサーフスケート、トライウィールの3輪スケートボード。スケートボードのルーツはサーフィンにあり、もともとスケートボードはサーフィンを陸で練習する為のアイテムとして生まれ、進化を遂げ今の形になっている。今回は3輪トライウィールのサーフスケート『TRYWHEEL × NALU』を使った陸トレHow to、フロントサイドカーヴィングターン編(NALU:サーフィン上達に効く、サーファーのためのスケートボード|フロントサイドターン編)より要約してご紹介します!

【フロントサイド カーヴィングターンのコツ】

一般サーファーにとっては難しいアクションの1つであるフロントサイドのカービングターンも、TRY WHEELで陸トレすることが習得の近道に繋がります。まずはこちらで動作を完璧にマスターして、サーフィンに活かしていきましょう。以下動画の後に、主なポイントを解説します。

ポイント1:後ろ足のカカトに加重

遠心力をつけるために開いた後ろの腕を戻すと同時に、後ろ足のカカトに加重し始めカービングターンに入っていきます。

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

ポイント2:肩を開いて目線は進行方向へ

肩を開き目線を送ることでその方向にボードは進みます。目線は自分が戻る地点、サーフィンでいう波のカール側を見るようにしましょう。前の手は重い紐を引っ張り続けるイメージで、徐々に体重を移動して行きましょう。

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

回っている最中も加重は後ろ足のカカト。肩も開いたままで視線も先へ送っておきましょう。スムーズに小さく、バランスを崩さず、ボードを返しきれるように繰り返し練習しましょう。

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編
photo: Kenji Sahara

ポイント3:波を意識して乗ろう

身体の動きだけでなく、波の乗っている位置を意識して練習を。波のトップとボトムを意識して、決められた幅の中でトライすると良いですね!

『TRYWHEEL × NALU』の購入や詳細は>>
【サーフスケートを使った陸トレHow to】フロントサイドカーヴィングターン編

出典元:NALU



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet