WSLが2022年CT・CS日程を発表!ミッドシーズンカット制度を導入

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

WSL(世界プロサーフィン連盟)は、2022年のチャンピオンシップツアー(CT)と、チャレンジャーシリーズ(CS)のスケジュールを発表した。(CT:世界最高峰のサーフィンツアー / CS:来季のCT出場権を得る為のイベント)

主な変更点:
・CTシーズン途中で下位約4割がカットされるミッドシーズンカット制度が導入
・WSL史上初のCT CS 同スケジュール同ツアー
・CTからスナッパーロックスとサーフランチなどが無くなり、サンセット、トレッスルズ、インドネシアG-LAND、南アフリカJベイが復活

1. CT(チャンピオンシップツアー)

2022年のWSL CTは、7カ国で10回のレギュラーシーズンイベントが開催され、1月にハワイ パイプラインで初の男女合同イベントを開催。CTは男子は24年ぶり、女子は初めてとなる、インドネシア G-LANDがCTに復帰開催され、8月にタヒチのチョープーで締めくくられる。9月には2回目のリップカールWSLファイナルが開催され、男女トップ5名が世界タイトルを目指して争う。またCTシーズン半ばでは、下位4約割がカットされ上位者のみに絞り効率化する新制度ミッドシーズンカットが導入される。

2022WSL CTスケジュール

1.パイプライン、ハワイ – 1/29 ~ 2/10
2.サンセット、ハワイ- 2/11 ~ 23
3.ペニシェ、ポルトガル – 3/3 ~ 13
4.オーストラリア、ベルズビーチ – 4/10 ~ 20
5.西オーストラリア州マーガレットリバー – 4/24 ~ 5/4

*ミッドシーズンカットを実施(男子36人と女子18人が、男子24人と女子12人に絞られる)

6.インドネシア、Gランド – 5/28 ~ 6/6
7.トレッスル、アメリカ – 6/15 ~ 22
8.ブラジル、サクアレマ – 6/27 ~ 7/4
9.南アフリカ、ジェフリーズベイ – 7/9 ~ 18
10.タヒチ、チョープー – 8/11 ~ 21。

11.リップカールWSLファイナル、場所未定 – 9/7 ~ 18

ミッドシーズンカットを行う理由

WSL CEO エリック・ローガン:
「サーフランチは2018年からイベント会場となりましたが2022年は1年休みます。これからも世界最高の人工波の技術革新が続き、2023年以降また開催するのが楽しみです。」

「2022年のCTは男子36人と女子18人で始まり、シーズン半ばに男子22人と女子10人に絞られます。トップランクのサーファーはツアー後半に進み(男子2人と女子2人のワイルドカードが参加)、2023のCTクオリファイが自動的に決定となります。後半戦は、よりコンパクトでエキサイティングなイベントとなり、ツアーのスター選手をフィーチャーする多くの対戦が組まれます。カットされたサーファーはCSに降格し、翌年のCTクオリファイを目指します。」

ツアー シニアバイスプレジデント兼コンペティション責任者 ジェシーマイリーダイアー:
「チャンピオンシップツアーとチャレンジャーシリーズの両方で、2022年に初めて、男女が同スケジュール同数イベントで開催されるのは素晴らしいことです。8回のイベントで構成されるWSLチャレンジャーシリーズには、Vans US Open of Surfing、Quiksilver、ROXY ProFranceなどの素晴らしいイベントも含まれています。」


世界有数のライトブレイクポイントの南アフリカ ジェフリーズベイが、2022年CTに戻ってくる – WSL/ PIERRE TOSTEE

2. CS(チャレンジャーシリーズ)

CT/CS/QSの順番にランク付けされ、CTクオリファイはCSからとなる。8つのイベントで構成される2022年のCSには、世界7つのWSL地域予選シリーズから選出された男子96人と女子64人が参加。5/7日からのオーストラリア ゴールドコーストのスナッパーロックスから始まり、11/26〜12/7のハワイ ハレイワまで。8イベント中の、ベスト5のイベントポイント合計で競い、CTクオリファイのため男子はトップ10、女子はトップ5を目指す。

2022WSL CSスケジュール

1.オーストラリア、ゴールドコースト – 5/7 ~ 15
2.オーストラリア、マンリー – 5/17 ~ 24
3.南アフリカ、バリト – 7/20 ~ 27
4.アメリカ合衆国、ハンティントンビーチ – 7/30 ~ 8/7
5.ポルトガル、エリセイラ – 10/1 ~ 9
6.フランス、ランド – 10/15 ~ 23
7.ニュージーランド、ピハ – 11/5 ~ 13
8.ハワイ州ハレイワ- 11/26 ~ 12/7

WSL CEO エリック・ローガン:
「地域化された予選シリーズでは地元のスター達を祝う機会を増やし、参加サーファー達がCTクオリファイに取り組む際の経済的負担も軽減します。」

*ツアー日程は、COVID-19関連の制限により変更される場合があります。

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet