波乗りジャパン公式応援ソングにDef Tech『Surf Me To The Ocean』が決定。NAMINORI JAPAN公式動画もリリース

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

波乗りジャパン公式応援ソングにDef Tech『Surf Me To The Ocean』が決定

1. サーフィン日本代表『波乗りジャパン』公式ソング映像

現地時間5月29日〜6月6日(時差で日本はエルサルバドルより15時間進んでいる)で中米エルサルバドルで開催される2020東京オリンピック サーフィン最終選考大会『サーフシティ・エルサルバドル ISAワールドサーフィンゲームス2021』。日本代表選手は五十嵐カノア、大原洋人、村上舜、都筑有夢路、松田詩野前田マヒナの6名が出場、大野修聖がキャプテンとしてチームを引率する。

本日オープニングセレモニーと記者会見が開催されたが(関連記事:『サーフシティ・エルサルバドル ISA WSG』開会式と記者会見を開催)、記者会見と同時にNSAより波乗りジャパン公式サイトのリリースと、波乗りジャパン公式応援ソングにDef Techの『Surf Me To The Ocean』と、大黒摩季の『GET YOUR WAVE』が決定したことが発表された。

2. 波乗りジャパン公式動画

そしてサーフィン日本代表『波乗りジャパンとは』を綴った波乗りジャパン公式動画も同時公開。

NAMINORI JAPANとは

それはサーフィン日本代表。つまり現在日本サーフィンの頂点にいる選手たちが、世界の舞台で躍動するために結成するTEAMの総称である。ただし、単にサーフィンの技術が高いだけでは「NAMINORI JAPAN」は名乗れない。日本を代表して戦う、その誇りを胸に刻むこと。日本中の応援に力を変え、全力で世界の波に挑むこと。全てのサーファーの思いを背負う、覚悟と責任を持つこと。個人ではなく、勝利を目指す集団として一つに結びつくこと。それだけではない。自然と向き合い、自然を味方につけることが大きな力となるサーフィン。故に自然、環境、地球に対し大きな感謝をし、心からの敬意を払うこと。その全てが揃って初めて「NAMINORI JAPAN」を名乗ることができる。選ばれしサーファーは「NAMINORI JAPAN」の誇りを胸に、その存在全てをかけて日本代表として世界と戦う。さあ、世界にビックウェーブを起こしにいこう!

明日、現地時間30日より試合が開催。男子メインラウンド1の24ヒートまでをラ・ボカナで、女子は24ヒートまでをエルスンサルと、2つの会場で開催される。試合結果やLiveは以下よりどうぞ!Go NAMINORI Japan!!

https://isasurf.org/event/world-surfing-games/

波乗りジャパン公式サイト

関連記事:村上舜がケリー・スレーターを破り決勝へ!4位入賞となったファイナルデイハイライト映像 -2019 ISA WSG



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet