波乗りジャパンがエルサルバドルへ出発!ISA WSG出場選手インタビュー映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

波乗りジャパン
©日本サーフィン連盟 NAMINORI JAPAN

5月29日〜6月6日に中米エルサルバドルで開催される『2021 ISAワールドサーフィンゲームス』出場に向け、波乗りジャパンメンバーが出発した。この大会で2020東京オリンピックのサーフィン代表枠が最終決定。日本代表選手は、五十嵐カノア、村上舜、都筑有夢路、松田詩野に加え、ジャパンオープンで優勝した大原洋人、前田マヒナの6名が出場する。

波乗りジャパン
©日本サーフィン連盟 NAMINORI JAPAN

2020東京五輪サーフィン競技に出場する40名中(男女各20名づつ)、28名は既に暫定出場権を獲得しており、この大会で残り女子7名、男子5名の合計12名が決定。代表選手が最終確定する。

以下、出発前の松田詩野、大原洋人、村上舜の今のコンディションと大会へ意気込みを聞いたインタビュー。そして波乗りジャパンチームの出国の様子を収めた映像なります!Go NAMINORI Japan!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAVAL(@waval.surf)がシェアした投稿

関連記事:村上舜がケリー・スレーターを破り決勝へ!4位入賞となったファイナルデイハイライト映像 -2019 ISA WSG



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet