ジョンジョン・フローレンスが左膝を負傷。オーストラリアレッグ残り全て欠場へ

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ジョンジョン・フローレンスが左膝を負傷し、オーストラリアレグ残り全て欠場へ
John John Florence/Photo WSL Matt Dunbar

2×ワールドチャンピオンで、現在世界ランキング3位のジョンジョン・フローレンス(John John Florence)が、現在開催中のWCT2021第4戦マーガレットリバー・プロ Roud4のエンドセクションで左膝を負傷。マーガレット・リバープロはファイナル・デイを残すところで棄権し、5/16から開催されるリップカール ロットネストの欠場を発表した。これによりQFで対戦するグリフィン・コラピントが不戦勝でSFへ進む事となる(関連記事:都筑有夢路が9位!本大会を振り返るインタビューとRound of 16ヒートハイライト映像)。

・Roud4のエンドセクションで左膝を負傷した時の映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

John john Florence(@john_john_florence)がシェアした投稿

以前2019年に手術を行ったのは右膝なので今回の怪我とは関係は無く、今月末に開催される東京五輪2020の最終選考となるISAワールドサーフィンゲームスも控えていることから大事を取り、ハワイ オワフ島に戻って治療に専念する(関連記事:ジョンジョン・フローレンスが足の手術に成功!「来季は100%の状態で復帰する」)。前回までのビーチブレイクでは不調だったものの、マーガレット・リバープロではパーフェクト10を出すなど絶好調だった。

東京五輪2020サーフィン競技のアメリカ代表のジョンジョン・フローレンスとコロヘ・アンディーノは2人共、現在怪我でツアーを離脱中。今月後半開催のISAには誰が出場するのか、次候補となるケリー・スレーター参戦の可能性が海外でも話題となっている。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet