ケリー・スレーターがCT第2戦を欠場。以前から続く古傷と怪我の状態とは

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ケリー・スレーターが怪我のため『Rip Curl Newcastle Pro』を欠場
Photo:WSL/DAMIEN POULLENOT

49歳となった11×ワールドチャンピオン ケリー・スレーター(Kelly Slater)が怪我の為、3月6日に出発するWSLのオーストラリア行きチャーター便には搭乗しない事が判明。今後、オーストラリアで行われるCT(チャンピオンシップツアー)イベントには出場できないようで現在は回復に専念し、30日後に再診を受け、医師の許可を得てからの出場となる予定です。

ケリー・スレーター コメント:

「パイプマスターズのイベント以来、両足首の怪我に悩まされていたし、先週は右股関節の怪我と以前に骨折した足の怪我もあって、サーフィンが出来なくなってしまった。」

「オーストラリアが大好きで、毎年過ごすのを楽しみにしていたから凄く辛いよ。2017年Jベイでの骨折から以前の自分に戻れなかった。今は体力的なレベルアップと、常に続く痛みから解放される為に時間を使うよ。仲間の選手達の幸運と、ツアーに戻ってまたみんなに会える事を願っているよ。」

次のオーストラリア ニューキャッスルで4/1〜4/11に開催されるCT第2戦『Rip Curl Newcastle Pro presented by Corona』では、ケリー・スレーターの代わりにリプレイスメントでオーストラリアのマイキー・ライトがRip Curl Newcastle Proに出場する予定となります。

関連記事:ハワイの大波に流され溺れる女性を救ったマイキー・ライトの劇的な救出劇映像

参考:WSL

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito