ケリー・スレーターのコロナ禍バリ島滞在中のベストサーフィン映像Top10

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ケリー・スレーター

2020年コロナ禍パンデミックの最中、インドネシア バリ島を訪れていた11×ワールドチャンピオン ケリー・スレーター(Kelly Slater)。ウルワツ、パダンパダン、メデウィ、クラマス、チャングーなど、バリ島のサーフィンの名所で様々なサーフィン映像がアップされていた。(こちらはインスタにアップされ話題となったベテ・メルタとパダンパダンでのダブルバレル映像(ケリー・スレーターとベテ・メルタのバリ島パダンパダンでのダブルバレル映像!)。

バリローカル:「ケリー・スレーターがバリ島にいるという噂が広まり、地元ではかなり話題になりました。彼はGOATであり、サーファーでない人達からも知られるサーファーです。だから、彼がラインナップに入る度に、ギャラリーも集まり全ての目が彼に向けられました。」(『G.O.A.T』関連記事:49歳ケリー・スレーターが『G.O.A.T』史上最高選手である理由

いつでもどこでも話題の人となるケリー。コロナ禍で制限がひかれていたバリ島もケリーの訪問で活気づいたようで、さすが『G.O.A.T』です。以下、バリニーズローカルがバリ島滞在中の映像の中からピックアップした、当時48歳ケリー・スレーターのバリ島サーフィン映像Top10となります!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。