怒りをぶちまけた26歳アンディ・アイアンズvs19歳デーン・レイノルズ

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

怒りをぶちまけた26歳アンディ・アイアンズ vs 19歳デーン・レイノルズ

2004年にカリフォルニア トラッセルズで開催されたWCTイベント。Round3 で当時26歳のアンディ・アイアンズは、ワイルドカードで出場した若手地元の19歳デーン・レイノルズと対戦。ここで敗退したアンディ・アイアンズは試合後にサーフボードを壁に叩きつけ怒りをぶちまけます。(しかし以下の通り、アンディ・アイアンズは最終的にはこの年、ワールドタイトルを獲得し3連覇を成し遂げる。)

ASP/WSLサーフィンツアー歴代チャンピオン

2000年からアンディーが亡くなる前の年、2009年まで10年間の歴代ワールドチャンピオン。

2009:Mick Fanning (AUS)
2008:Kelly Slater (USA)
2007:Mick Fanning (AUS)
2006:Kelly Slater (USA)
2005:Kelly Slater (USA)
2004:Andy Irons (HAW)
2003:Andy Irons (HAW)
2002:Andy Irons (HAW)
2001:C. J. Hobgood (USA)
2000:Sunny Garcia (HAW)

負けてしまったものの、全盛期のアンディ・アイアンズのキレのあるライディングと怒りをぶちまけるシーン、そして今やカリスマフリーサーファーとなっているデーン・レイノルズの若かりし頃のライディング映像をどうぞ。

関連記事:アンディ・アイアンズサンタの秘蔵サーフィン映像 【テイラー・スティール – The Momentum Files】



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。