波乗りの歴史と東京2020オリンピック サーフィン関連グッズ

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン TOKYO2020 メモリアルプレート (東京2020オリンピックエンブレム)

TOKYO2020 サーフィン関連グッズ

『東京2020オリンピック』で初開催となったサーフィン競技。開催を記念してオリンピック サーフィン関連グッズも、ソフトボード、タオル、リーシュコード、指スケート、ビーチパラソルetc.. と、大人から子供まで楽しめる様々なグッズがリリースされました。

グッズ詳細>>TOKYO2020 サーフィン関連グッズ

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

 

TOKYO2020 メモリアルプレート (東京2020オリンピックエンブレム)

その中でも今回は、サーフィン競技初開催を記念して作られた『TOKYO2020 メモリアルプレート』について、波乗り(サーフィン)の歴史と共にご紹介します。

>>TOKYO2020 メモリアルプレート (東京2020オリンピックエンブレム)

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

波乗り(サーフィン)の歴史

1.古代サーフィン

海の民、古代ポリネシア人は漁の帰り道に、波に乗っていた。…

漁業の技術の一つであったその”波乗り”が一人歩きを初め、西暦400年頃にはオロやアライアと呼ばれる木片のサーフボードの原形が誕生したと言われている。

しかし残念なことに、大航海時代に入るとポリネシアの島々にヨーロッパの文化や宗教が押し寄せ、布教の妨げになると言う理由からサーフィンを禁止してしまった。そして古代サーフィンはここに終焉を向かえた。

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

2.近代サーフィン と 『デューク・カハモナク』

世界にサーフィンを広めたデューク・カハナモク

20世紀初頭になって再びサーフィンをする動きがハワイで起こる。当初は同じ理由から迫害を受けたが、ハワイの急速な観光地化に伴い、ライフガード組織が必要になると、サーファ-の必要性が認められるようになる。その主要な役割を担ったカハナモク家の長男が「近代サーフィンの父」と呼ばれる『デューク・カハナモク』だ。

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

サーファーとしてそしてスイマーとして卓越した技術を持っていた彼は、1912年にストックホルムオリンピックのアメリカ代表として出場し、100mm自由形で世界新記録を軽々と達成し金メダル獲得。1920年のアントワープオリンピックでも100メートル自由形で2連覇。800mリレーでも金メダルを獲得する。

一躍世界的スターとなったデュークは世界の水泳競技大会に招待されるようになると、招かれた国々でチャンスがあればサーフィンをしてこの素晴しいスポーツの普及に努めた。

サーフボードの発展とライディングテクニックの進化

こうして産声をあげた近代サーフィンは、世界の各地で急速に発展していく。特にハワイ、カリフォルニアそしてオーストラリアではサーフクラブが幾つも組織され独自の個性を持ったサーフスタイルが確立されていく。

サーフボードも、熱心で独創的なアイデアを持ったサーファーたちの試行錯誤により発達し、第二次大戦後には現在も主流をなすグラスファイバーとウレタンフォーム製のサーフボードが誕生。そのサーフボードの発達に伴ってサーフィンのライディングテクニックも高度になり現在もさらに進化し続けている。

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

プロ組織の発足&発展。初のオリンピック競技へ

それに伴い競技化もまたたく間に進み進み、 その結果本格的なプロ組織が1976年に発足。IPS(International Professionals Surfing)IPS World Circuitを皮切りに、1983年ASP(Association of Surfing Professionals)、2015年にWSL(World Surf League) Championship Tourと名前を変え世界中のトップサーファーが世界一を競い合っている。また国際サーフィン連盟ISA(International Surfing Association)は、アマチュアサーフィンを統括するスポーツ組織として1964年に発足後。オリンピック競技を目指し続けた結果、ようやく2020年の東京オリンピックでその悲願を果たす事となる。

3.TOKYO2020

サーフィンの世界的発展は、オリンピックで金メダルを獲得したデューク・カハナモクの功績無くして語れません。そして世界的に発展したこのスポーツが、ここ日本で開催されるオリンピックに世界初の競技種目として選ばれたことに対する感謝の念とともに、記念としてこの物語を伝えるのに非常にわかり易く表現できる商品としてこの『サーフボードヒストリーアートフレーム』が商品化されました。

サーフィンの歴史『東京2020オリンピック』サーフィン関連グッズ

TOKYO2020 メモリアルプレートは、年末頃に数量を限定して販売開始予定。デザインも変更される可能性もあります。その他サーフィングッズは、以下ECサイトの他、サーフショップや各店舗でも販売中。売り切れとなる前に、是非チェックしてみて下さい!
>>TOKYO2020 関連グッズ

 


 

●Beach Culture 関連記事

サーフィンの為のスケートボード『DRAG SKATE』アップスンダウン編 比較映像
小林直海がサーフィン陸トレーニングに最適なサーフスケート『DRAG SKATE』4種を解説!サーフィン比較映像


HP:Beach Culture
SNS:Facebook / Instagram
Youtube:@beachculture
通販サイト:https://beachculture.official.ec



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet