五十嵐カノアペアが2位となった久々のWCTビッグイベント『Rumble At The Ranch』ダイジェスト映像

ライター: SurfingKids

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

五十嵐カノア第2位 五十嵐カノア WSL/Morris

2020年WCTツアーはコロナウィルスの影響で全試合が中止に。そして久々のWCTビッグイベントとなる、カウントダウンイベント『Rumble At The Ranch』が、8/9にカリフォルニアのウェイブプールサーフランチで開催された。

エキシビジョンマッチとなるこのイベントは男女16名がペアとなり8組のチームを組んで対戦。各ラウンドでは男女それぞれライトとレフト2本づつ合計4つの波に乗り、ライトの最高点とレフトの最高点を合計して争う。

以下はセミファイナルで、五十嵐カノアがエクセレント9,00ptを叩き出しファイナルへ進んだ時の映像。

五十嵐カノア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

そしてファイナルは『フィリペ・トレド&ココ・ホー』ペアと『五十嵐カノア&タティアナ・ウィストンウェブ』ペアの対戦に。

ファイナルは、ウィメンズからスタートし、タティアナ・ウィストンウェブがココ・ホーをリード。しかしメンズではフィリペ・トレドがチューブや2つのアーリウープを決めエクセレントスコア9.67ptを叩き出す(動画4:20〜)。レフトでもフィリペは途中、スイッチスタンスに切り替えバレルをメイクして会場を沸かせる余裕のエンターテイメントぶりを披露。五十嵐カノアはレフトを果敢に攻めるも最後メイクできずフィニッシュ。

『フィリペ・トレド&ココ・ホー』ペアが優勝。『五十嵐カノア&タティアナ・ウィストンウェブ』ペアが堂々の2位に。ココ・ホーは先日亡くなった叔父のデレク・ホーに捧げる嬉しい優勝となった。

ハワイ初の世界チャンピオン 歴史を築いた英雄デレク・ホーが55歳で死去

また本イベントはチャリティーイベントとなっており、トレドとホーの賞金$ 10,000は、サーフライダーファウンデーション ロサンゼルス支部のワンウォーターシェッドプログラムに寄付された。

久々のビッグイベントとなり、またジャッジはリモートとなるなど、史上初のコンテスト形式で盛り上がりを見せたスペシャルイベント。そのファイナルラウンドのダイジェスト映像は以下よりどうぞ。

トーナメントの詳細や特典は以下よりどうぞ。
https://www.worldsurfleague.com/events/2020/


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

SurfingKids

SurfingKids

AD Agentを経て独立。転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は会社経営をしながら投資家として活動。結局は最良の投資先は自分であり、無形資産は減ることはなく、時間はかかるが後々全て戻って来るものだと確信しています。