ハワイ初の世界チャンピオン 歴史を築いた英雄デレク・ホーが55歳で死去

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ハワイ初の世界チャンピオン 英雄デレク・ホー

ハワイ初の世界チャンピオン 英雄デレク・ホーが55歳で死去

1993年の元ワールドチャンピオン、ハワイの英雄デレク・ホー(Derek Ho)が心臓発作を起こし入院した後、7月17日金曜日の午後、55歳という若さで亡くなりました。デレク・ホーは、ココ・ホーメイソン・ホーの叔父で、マイケル・ホーの兄弟。デレク・ホーはパイプマスター2回、トリプルクラウン4回優勝し、1993年にハワイアンサーファーとして初めて世界タイトルを獲得し歴史を築いています。

デレク・ホー 2018/11/25 パイプライン 『Wave of the Winter2018/19』のエントリー映像

生前最後の投稿となる亡くなる数日前の投稿。ホーは兄弟のマイケル・ホーに心からの誕生日メッセージを送っている。

「あなたは兄であり父でもある特別な人。もしあなたがいなければ私がどこで何をしていたか分からない。あなたを愛しています。そしてインスピレーションとモチベーションに感謝します。あなたは素晴らしい人です。」

 

この投稿をInstagramで見る

 

derek ho(@derekho1980)がシェアした投稿

こちらは4月にハワイのビッグウェイブにチャージしていた時の映像。まだまだ元気だった為、急なことで驚きであり、とても残念です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

derek ho(@derekho1980)がシェアした投稿

輝かしい功績を残し、ハワイに歴史を築いた英雄の早すぎる死。残念でたまりせん。心よりご冥福をお祈りします。

出典元:derek-ho-1993-world-champion-passes-away



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!