プロサーファーが伝授する、パドルが今の2倍早くなる5つの裏技

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

村田嵐

WSL2019ワールドジュニア アジア代表に選ばれるなどサーフィンの実力はもちろん、動画クリエイターであり、Youtuberとしても活躍中のアップカマー村田嵐(18歳)。今回はサーフィンの最も大切な基本のパドリングが、今の2倍早くなる5つの裏技をご紹介(関連記事:プロサーファー村田嵐が伝授!意外と誰も知らないテイクオフした瞬間加速する方法)。イメージトレーニングを行うことで、自宅でも十分スキルアップ可能ですよ!

・パドルの基本姿勢
ノーズは沈み過ぎず上がり過ぎず、おへそをバランス良くセンターに置き、顔は動かさず体を安定させる。

・早くなるパドルの漕ぎ方
レールにそってノーズを捕まえるイメージで腕を伸ばし、数字の9を書くイメージでボードの下の物を奪って捨てるような動きでパドルを行う。水をかいた後は腕を大回りさせずに、脇を閉めて最短の距離でまっすぐ前に伸ばす。

・波の状況よってパドル方法を変える
押してくれないタルい波の時は、少し前に体を移動させてノーズが沈まないように背中を反らす。乗れるか乗れないかという時はアゴを板につけて目線は前に。ノーズが刺さりそうになったら胸を反らしてコントロール。

波の状況をチェックしつつバドルすることが大切。プロによるパドリングの貴重な裏技は必見です。詳細は以下動画よりどうぞ。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet