外出禁止令中のフィリピン スリガオでサーフィンしていた56歳の日本人男性サーファー拘束される

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

フィリピン サーフィン
フィリピン

新型コロナウイルス対策により今、外出は軽犯罪となる地域は多くあります。カリフォルニアではSUPサーファーが警察に逮捕されました。今回は、買い物などを除いた外出禁止令が出されているフィリピン ミンダナオ島のスリガオで、56歳の日本人男性サーファーが拘束されました。4月4日土曜日の夕方16時頃、海でサーフィンしていたという。翌日保釈されました。

今回のサーフィンのケースに関わらず、コロナウィルス対策で日本人が海外で拘束されるケースはいくつかり、日本政府は在留邦人に各国の制限状況の周知徹底を行っていくということです。

自分のホームポイントの自粛状況は常にチェックしておこう

拡大状況により規制内容は日々変わるので、海外でも国内でもまず今の状況をしっかり把握しておきたいですね。日本では現状、法的な罰則はありませんが、海での規制内容が開示され始めています(関連記事:コロナウィルス感染拡大を防止しよう!千葉県一宮・宮崎県・各地域がサーフィン自粛内容を発表)。

知らなかったでは取り返しのつかない事になり得ません。しっかりチェックし世界で協力して、ウィルスの拡大防止につとめて行きましょう。自分が感染していると思って行動を。ウィルスは移動しない、人が移動するからウィルスも移動するのです。

記事参照元:https://news.mb.com.ph

関連記事:フィリピンで注目のサーフタウン!ラ・ウニオン州”サンファン”


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet