世界で急拡大中の新型コロナウイルス感染者数を可視化できるデジタルマップ『Coronavirus 2020-nCoV』

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

コロナウィルス サーフィン
日本の他、オーストラリア、アメリカでも感染者が確認されている。

初の日本人感染者も確認された新型コロナウィルス。感染者数は数日で4,474人に急増

中国の湖北省を中心とし、世界に感染拡大している新型のコロナウイルス。数日で治る治療薬が完成した情報もあるが、まだすぐ手に入る状況ではない。そして観光バス内で中国人観光客から感染したとみられる奈良県在住の日本人の感染者も確認された。日本人の感染が確認されたのも初めてとなり、今後の拡大が懸念される。

このまま感染が広がれば渡航禁止などの影響で、日本のインバウンド経済へのダメージの他、最悪の場合、今回サーフィン種目が初開催となる2020東京五輪の開催にまで影響を及ぼす可能性も無きにしも非ずという状況。ということで今回はジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センターにより公開されたコロナウィルスの感染者数がリアルタイムで可視化できるデジタルマップを『 Coronavirus 2020-nCoV』をご紹介します。

世界各地の感染者、死亡者、回復者数

1/28 現在、世界で確認された感染者数(Confirmed)は4,474人。死亡者数(Deaths)は107人。回復者数(Recovered)は63人。また以下の通り、最も赤い円の大きい、ウィルス発症の中心地、中国の湖北省(こほくしょう、フーペイしょう)では患者が2,714人、死亡者が100人、回復者数が47人となっている。

コロナウィルス サーフィン

日本でも以下の通り現在、感染者数は4人、回復者数は1人。

コロナウィルス サーフィン

世界でも中国が4,409人と断トツに多いが、香港8人、タイ8人、マカオ6人、オーストラリア 5人…と以下の通り、徐々に世界に拡大しつつある。

世界の患者数は、この数日間だけで右肩上がりに急増中。

コロナウィルス サーフィン

世界で、日本で、感染拡大しないことを願います。人混みの中へ行く場合、手洗い、うがい、マスクは必須となりそうです。Coronavirus 2020-nCoVは以下よりどうぞ。今後もこれらの動きは要チェックです!

Coronavirus 2020-nCoV



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。