東京五輪サーフィン代表が最終決定する5月のISAはエルサルバドルに決定!サーフポイント映像

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ISA エルサルバドル
El Sunzal, La Bocana,  Photo: ISA / Ben Reed

2020東京オリンピックのサーフィン代表枠が最終決定する2020ISAワールドサーフィンゲームズは、5月9〜17日にエルサルバドルで開催されることが決定。今回2つのサーフポイントで行われるデュアル形式を採用し、国際サーフィン協会(ISA)はエルサルバドルのエルスンザル(El Sunzal)ラ・ボカナ(La Bocana)での開催を正式発表した。

エルサルバドルは中央アメリカの小さな国。太平洋のビーチ、サーフスポット、山の多い自然で知られている。

エルスンザルの右側の玉石ポイントブレイクは、昨年末のSUPの国際イベント『2019ISAワールドSUP』及び、『パドルボードチャンピオンシップ』で大成功を収め、そこから東へ1 kmのラ・ボカナでもイベント『ALAS Latin Pro』が開催された実績がある。またエルサルバドルは、サーフシティエルサルバドル構想として、この国の美しいビーチでのサーフィンと観光としての魅力をPRするため、5年間のサーフシティ戦略も展開中だ。

エルスンザルの右側の玉石ポイントブレイク
ISA エルサルバドル サーフィン



オリンピック代表枠と日本からの出場選手

2020東京オリンピック サーフィン競技の出場枠は、男女各20名の合計40名で各国最大2名まで。優先度の最も高いCT枠は、男女計18名(メンズ10名、ウィメンズ8名)は確定済み。この2020ISAワールドサーフィンゲームでは、最後の残り枠となる12人(男5人と女7人)を決定する。

2020ISAワールドサーフィンゲームズの世界選手権には日本から、男子3名女子3名が出場することになるが以下の通り4名は既に決定。残りの1枠を4月に開催されるジャパンオープンで決定する。(詳細は:波乗りジャパン『2020東京五輪代表選考に関わる主要大会スケジュールや強化指定選⼿』を発表

・2020ISA WORLD SURFIG GAMES 出場選手

1.五十嵐カノア(WSLランクトップ)
2.村上舜(ISAリザルトトップ/アジア枠確定)
3.ジャパンオープン優勝者

1.都筑有夢路(WSLランクトップ)
2.松田詩野(ISAリザルトトップ/アジア枠確定)
3.ジャパンオープン優勝者

*2020東京オリンピック出場権について、1番の優先権は2019WCTの結果となり、次に2020ISA世界選手権の結果が優先されるため、2020ISAの結果次第で村上舜、松田詩野は入れ替わる可能性がある。

こちらの映像はSUP中心の映像となりますが、綺麗な景色や波のクオリティなどこちらからチェックください。歴史的イベントとなるであろう2020東京オリンピック前、最後のサーフィン国際大会となるエルサルバドルのイメージ映像をよりどうぞ。大会が楽しみですね!

・Welcome to Surf City El Salvador

記事参考元:
https://www.surfertoday.com/
https://www.isasurf.org



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。