世界一寒いSUPレース『GlaGla Race』極寒アルプスで絶景パドル

ライター: BEACHIE

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

SUP

日本もかなり寒くなってきましたね。これからホリデーシーズンならではのX‘mas SUPや初日の出SUPなど、エフォートレスに楽しめ、気分が高まります。今年のSUP Lifeを振り返り、2020年はどんな一年にしようかな、と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。私は、年始に海外SUP raceに行く!と決め、そこから海外SUP tripの虜になった一年でした。そのきっかけとなったのは、一年で一番早く開催される”GlaGla Race”です。

毎年1月中旬にフレンチアルプスで開催され、その名の“GlaGla”とは“Brrr Brrr…ブルブル”、思わず“ブルブル”震えてしまうほどの寒さ・・・というレース。会場はフレンチアルプスのタロワール(Talloires)にある アヌシー湖(Lake Annecy)

ヨーロッパ一の透明度の高さを誇り、“サヴォワの宝石”と称される美しいロケーション。湖には白鳥が優雅にたたずみ、澄み切った空、水面が一体化して鏡のような幻想的な景色に心奪われます。水上スポーツも盛んで、夏は避暑地、冬はスキーと、リラックス、レジャー、スポーツと全てが叶う、フランス人憧れの高級リゾート地の一つでもあります。

GlaGla Race 2019 の模様はこちら

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

私が行った2019年は総勢650名が参加、フランス、ヨーロッパはもちろんのこと、アフリカ、オーストラリアetcからもエントリーがありました。さすがに日本、アジアからの訪問者は見かけませんでしたが、真冬のアルプスがパドラーの熱気で熱いくらいの盛り上がり、また会場が南向きなので陽があるうちは(落水しない限りは・・・)心地よい空気でした。気温は6℃とそこまで寒くはなかったのですが、2015年は大雪の中のレースとなり、まさしく“ブルブル”だったようです。

カテゴリは6km、14km、テクニカル、ドラゴンSUP。ファンレースのみならず、世界的に活躍するエリートクラスのレースを、雄大なアルプス、湖畔のお城を背景に、澄み切った空気の中楽しめてしまう、というラグジュアリーな体験こそが“GlaGla”の魅力なのです。

世界のSUP情報を発信するPADDLE LEAGUEの取材を受ける、世界トップクラスの女性選手のSonni HÖNSCHEID、そして個人的にファンになってしまったのは、最年少9歳で参加したHUGO BABILLON君

氷河が溶けて出来たといわれるアヌシー湖だけに、ウィンタースポーツとウォータースポーツの融合したムードも楽しいです。スキーウェアでSUPする選手や移動式サウナが完備されていたり、参加選手には近くのスキーリゾートの割引があるなど・・・。親和性も高く共存しやすい両者が見事に融合した姿には、SUPの幅広さ、フリーなマインドが感じられます。

7回目となる2020年は1月18日(土)の開催。まだまだエントリー受付中。800名見込みとか・・・すごい盛り上がりになりそうです!
前日17日はクリニックやイベントなど、19日(日)は予備日。ボードは事前オンライン申込でRed Paddleがレンタル可能。ドラゴンは当日エントリー可。日本からのアクセスは、フランス リヨン経由か、スイス ジュネーブ経由が行きやすいです。

詳細知りたい方はぜひご連絡ください!ぜひ2020年は海外SUP tripを!Enjoy winter on the water!

レースエントリーはこちら http://www.standuppaddlelaketour.com

Teaser GlaGla race 2020

The Paddle LeagueのInstagram @paddleleague

世界トップSUP女子Sonni HÖNSCHEIDのInstagram @sonnihoenscheid

可愛過ぎる10歳の選手HUGO BABILLON君のInstagram @minibab83

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

tsuboi chie

BEACHIE

湘南生まれ。海の近くに生まれたものの、海嫌い・・・大人になり、SUPとの出会いで、今では、何よりも海とSUPが好き。自身でもファンレースを楽しむと共に、海外SUPレーサーマニア。SUPの楽しみ方、カルチャー、そして国内外のレース、海外選手の魅力など、お伝えできればと思います!
・Instagram→@chietsuboi1106
・facebook→chie.tsuboi

  • 関連するタグ: