ロブ・マチャドが FIREWIRE 日本限定モデル『Grower』を解説!日本語字幕付き

ライター: surfpro

816Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ロブ・マチャド

革命的なサーフボードを提供し、進化し続けるFIREWIRE(ファイヤーワイヤー)と、年を追うごとに進化し続けるカリスマサーファーロブ・マチャド(Rob Mahcado)。今回はロブ・マチャドがFirewire日本限定モデルGrower LFT Seriesを解説する。日本語字幕付きだ!

ロブ・マチャド

『Go Fish』の進化版『Growe』(『Go Fish』について:ロブ・マチャドがケリー・スレーターウェイブプール『サーフ・ランチ』でGO FISH!)。Groweモデルができるまで、そしてどんなボードかを Rob Macadoが解説している。

Rob Macado:

「インドネシアにGrowerと呼ばれるサーフスポットがあって、サーフフィルム『the Drifter』の撮影でよくサーフした。結構ホレていて、何本かチューブも抜けれた。そこでチューブライドについて改めて考えてみたんだ。チューブライドについて考える時まず思い浮かべるのはジェリー・ロペス。彼がパイプラインで当時乗っていたボードを思い出す。そして家に戻った時に1本作ってみた。7’2″のボードで結構調子がよかった。それでもっと縮めて5’6″くらいにしてみたらどうかと思って作ったら、アウトラインも綺麗ですごく調子の良いボードが出来上がったんだ。」

「ノーズのアウトラインはGo Fish に似ているけど、それよりは少し細い。テールは結構 絞っているよ。」

・GROWER

firewirejapan.com/portfolio/grower/

『Growe』の詳しいディテイルや詳細は、以下動画よりどうぞ!

*ロブ・マチャド自身の経験により日本用にチューンナップされたサーフボード『MOONWALKER』の日本語解説はこちら→ ロブ・マチャドが日本限定サーフボードMOONWALKERを解説!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!