「僕は、サーフィンと絵を描くことが大好きです。」子供から大人まで 心温まる作品集『Enjoy Surf』

ライター: WAVAL

1Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

豊田弘治

”僕は、サーフィンと絵を描くことが大好きです。1997年の春、カリフォルニアでスタートし、気がつくと、あっという間に20年が過ぎていました。”(豊田弘治)

「大好き」なモノやコトに人生を捧げ、大自然からいただいた感動をみんなで分かち合い、そして表現し続ける豊田弘治の新刊『Enjoy Surf』。

1997年、春。カリフォルニアは、インターナショナル・サーフィン・ミュージアムで初のエキシビションを開催し、世界にSURF ARTを広めた先駆者の一人である豊田弘治氏。今回の作品は、自身のウェイ・オブ・ライフであるサーフィンとアートを20年以上表現し続けてきた作品500点以上の中からピースフルな絵画作品を中心にファッション、ネオンアートなどのコラボレーション作品を豊田氏が自らセレクトし「大好き」をテーマに編集、アートディレクションした心温まる作品集だ。

豊田弘治

「今、切に想うことは 平和な世界になってほしい。」

子供にも見せてあげたい、心和むこの一冊!おすすめです。

・Enjoy Surf /エンジョイサーフ
Koji Toyoda /豐田弘治
size 236mm x 236mm
price ¥5,480 (tax included)
5/22リリース

・豊田弘治 プロフィール

1962年 大阪生まれ。幼い頃スケートボード、サーフィンと出会う。1997年カリフォルニアはハンティントンピーチにあるインターナショナルサーフィンミュージアムで初のエキシピジョンを開催。鮮やかな色彩とナチュラルなラインのポップなサーフアートを通じて、ピースフルなメッセージを発信し続けている。100枚にも及ぶBEAMSとのコラボレーションTシャツが話題を集め、サーファー以外の若者にもサーフアートを広めた立役者的な存在。海外ではカリフォルニアのインターナショナル・サーフィンミュージアムやザ・サーフ・ギャラリーなどで定期的にエキシビションを開催し、海外からも注目を集めている。近年では環境問題をテーマとした表現活動や、音楽、映画、カフェ、家具など、幅広い分野で活躍中。

・豊田弘治 関連記事:【サーフアーティスト豊田弘治】子供と一緒に物語を創る絵本『もじのないえほん』



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)