田岡なつみ 日本人初の4位入賞!浜瀬海 6位!ISA世界ロングボード選手権2018

ライター: Micky-G

520Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

田岡なつみ  PHOTO: ISA / Sean Evans

中国海南島のレフトハンドポイント 万寧市日月湾で開催された『ISAワールドロングボード サーフィン チャンピオンシップ2018』。田岡なつみが日本人初の4位入賞を果たし、浜瀬海が6位と健闘した。2017年のJPSAロングボード グランドチャンピオンであり、ショートボードのプロ資格をもつこの2人の活躍もあり、日本は国別で7位という結果となった。

田岡なつみ PHOTO: ISA / Tim Hain

・ファイナルデイ 田岡なつみ 1:40〜

 

・田岡なつみ SNSコメント

結果4位でした。ファイナルはいい波乗れず悔しい結果です。チームジャパン総合は7位でした。

 

 

・浜瀬海 SNSコメント

ISA world longboard championship 今日がFINALDAYでした!結果は6位でした。。めちゃくちゃfinalに行きたかったです。応援して頂いた日本の皆様期待に応えることができず申し訳ないです。そしてずっと応援してくれたteam japanのみんな本当にありがとう。海外のレベルにわからされました。勉強します!そしてなんとなんと!team Japan の田岡なつみプロ @natsumitaoka が4位に入賞しました。本当におめでとう!

 

hamakaiさん(@kaihamase)がシェアした投稿

 

JPSAロングボード2017のグランドチャンピオンであるこの2名の、国内のみならず世界での活躍にも注目だ!

*田岡なつみ&浜瀬海の関連記事:
「日々新たな発見を」ロングボードチャンピオン 田岡なつみ
プロショートボーダー『浜瀬海』がロングボードチャンピオンになるまでの経緯と決意、サーフィン上達法

国別ランキング:
1.USA、2.ペルー、3.ハワイ、4.ブラジル、5.イングランド、6.オーストラリア、7.日本、8.アルゼンチン、9.ポルトガル、10.南アフリカ、11.ニュージーランド、12.イタリア、13.中国、14.ドイツ、15.台湾、16.チャネル諸島、17.ロシア、18.ウルグアイ、19.スペイン、20.カナダ、20.イスラエル、20.スイス

・リザルトページ:http://isaworlds.com/wlsc/2018/en/results/
・ISA公式サイト:http://isaworlds.com/wlsc/2018/en/

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』をモットーに、独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。