茨城県大洗海岸の場駐車場で、サーファーの車6台やサーフボードが相次ぎ盗難被害に

ライター: Micky-G

3683Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


・事件の起こった3連休の大洗海岸。天候は晴れ。低気圧の影響で大波が押し寄せていた。

3連休前の茨城県 大洗海岸は低気圧の影響で雨が降り、気温も冷え込んだが土曜には上がり、日曜日は快晴に。連休前のスモールウェイブが一転し、頭オーバー〜ダブルサイズにサイズアップした。その大洗海岸の駐車場で、サーファーの車6台が盗難被害に遭うという事件が発生。車内にあった現金や時計や指輪などの貴金属類、サーフボードなどを合わせ被害額は1,000万円を超えるという。海に入る際に車のキーを身に付けていなかったということだ。(被害者の方によると鍵の入ったサーフロックを壊されたそう)

また車の盗難の他にも事件は相次ぎ、大洗でのコンテスト出場中のプロサーファーのサーフボード6本やウェットスーツが盗難に遭う被害も起こっていた。こちらは被害者本人のSNSから拡散し、心あるフォロワーの方がリサイクルショップに売られていた盗難ボードを発見。無事に持ち主の手元に戻った。こちらは本当に良かったですね。

サーフィン中の盗難防止方法

昔から車上荒らしは良く聞きましたがまだ多くあるようです。しかも車ごと持っていくとは…常習犯は遠くから鍵の隠し場所を見ています。アナログキーの場合は首にかけるキーケース(キーポケット)に携帯して海に入るか、リーシュコードやウェットスーツのキーポケットに。

またスマートキーの場合はサーフロック(キーボックス)を活用するということになりますが…サーフロックは破壊されることもあるようなので、やはり海には合鍵でアナログキーを持参するのがベストでしょう。車のガラスを割られるケースも多くあります。そもそも海に高価な物や現金は持参しないなどの事前対策を心掛けましょう。

不審な人を見かけた方は警察へご連絡を。再発防止と、一刻も早い犯人逮捕を願います。短時間にこの台数を車ごと盗難となると、複数人のプロによる犯行かもしれませんね..

この記事の続報はこちら▶︎『サーファー車6台が車ごと盗まれた盗難事件』被害者の共通点や車種などについて

WAVALインスタグラムからも情報発信しています▶︎instagram/waval.surf

サーフィン防犯グッズ

*追加上更新 2017/10/11/0:30 :(被害者の方によると鍵の入ったサーフロックを壊されたそう)を追記

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』をモットーに、独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。