ジュリアン・ウィルソンが逆転優勝!WCT2017第7戦 ビラボン・プロ・タヒチ

ライター: surfpro

576Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ジュリアン・ウィルソン
WSL / KELLY CESTARI

2017WCTツアーも遂に後半戦となる、タヒチのチョープーで行われたWCT2017第7戦 ビラボン・プロ・タヒチ。チョープーとしては少し物足りないサイズではあるものの、しっかりチュービーコンディション。ジュリアン・ウィルソンガブリエル・メディーナとのファイナルは、最後の最後でジュリアン・ウィルソンがディープなチューブを攻めて逆転優勝を飾った!

ジュリアン・ウィルソン

・ジュリアン・ウィルソン逆転の9.73P@ファイナル

 

 

 

 

・ジュリアン・ウィルソンの9.23P@ファイナル

 

 

 

 

・ガブリエル・メディーナ9.20P@ファイナル

 

 

 

 

・ガブリエル・メディーナのパーフェクト10P@QF

 

 

 

 

CT常連選手が10位以内を独占の中、コナー・オレアリーが10位と大健闘

今回のWCT2017第7戦 ビラボン・プロ・タヒチQF以降の結果とランキングは以下。
ジュリアン・ウィルソン
ジュリアン・ウィルソン

チョープーの波ともなるとスモールコンディションであってもやはりCTルーキーや2~3年目の選手は苦しい展開に。QF以上になるとほぼCT常連選手が独占。そこが年間で争うタイトルレースの難しさであり奥深さですね。

ジュリアン・ウィルソン

ジョンジョンをQFで自ら破ったジョディ・スミスがランキングトップに。優勝したジュリアン・ウィルソンも3つランキングを上げ5位に浮上。タイトル争いも5位まで約5,000P差と拮抗状態。CT常連選手が10位以内を独占してますがCTルーキー(1年目)であるコナー・オレアリーが10位と大健闘!メディーナも例年の如く後半追い上げて来そうですね!

詳細は: WSL公式サイト

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!