『日焼け・紫外線アフターケア』おすすめレスキューオイル5選

ライター: YOSHI

669Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

レスキューオイルPhoto by @salty_free

 

・『オトナ女子サーファーのマストアイテム』おすすめレスキューオイル—–

 

たくさんの波と太陽とたわむれた一日は心も体もリフレッシュ!嫌なことも忘れ、次の日からまたハッピーに過ごせますよね。しかし、サーファーは通常よりも多くの紫外線を浴びているので、アフターケアを忘れては一大事。今回はここ最近注目されているオイル美容、たくさんある種類の中からオトナ女子サーファーにぴったりのレスキューオイルをpickupしていきます。美肌をオイルで叶えましょう!

レスキューオイル

1. ジョンマスターオーガニック アルガンオイル

オイルで一番優秀なのがアルガンオイルです。抗酸化力の高さ、ビタミンEなどの栄養素の含有量、アンチエイジング、保湿力、新陳代謝の促進と必要不可欠なものが他のオイルよりも多く含んでいます。

アルガンオイルの中でもジョンマスターオーガニック(John Master Organic)は添加物0でオーガニックのピュアオイルなので顔、髪の毛、全身に安心して使用できます。普段のお手入れに一滴プラスするだけで、お肌がイキイキと復活!遮光瓶に入っているので素材をキープしつつ、スタイリッシュなルックスでインテリアにも馴染みます。

2. NUXE プロディジューオイル

ツバキ、アルガン、ルリジサ、マカダミアナッツ、カメリア、ヘーゼルナッツ、アーモンドの7種類の植物オイルを贅沢にブレンド。パリジェンヌがこだわった独自の黄金比率によりハリ、ツヤ、うるおい、アンチエイジングが凝縮された一本。さらに上質でリュクスな香りは男性にも評判が良く、心もリラックス、全身をくまなく満たしてくれます。何気ない日をちょっぴり特別に変えてくれるオイルです。

3. Bioil バイオイル

独自開発のピュアセリンオイルが配合されていて、肌角質深層部まで浸透する、保湿に優れたオイルです。さらに優秀なところは、ケロイドや色素沈着が薄くなったり、引き攣れが改善したりなど傷跡にも効果があるところ。医療現場でも手術後などに使われていて安全性も保障済みです。フィンやリーフで切ってしまったり、クラゲや虫刺されなど生傷が多いサーファーには嬉しい限り。

4. 無印良品 マッサージオイル ラベンダー

こちらはボディ専用です。いくつか香りがありますが、ラベンダーがおすすめ。ラベンダーには鎮痛作用があり、筋肉痛の緩和や、固まった筋肉のこわばりをほぐしてくれる効果もあるので、めいっぱいパドルをして疲れ切った身体を優しくほぐしてくれます。無印良品ならどこでも手に入るし、毎日たっぷり使えます。

5. ココナッツオイル

ココナッツの甘い香りから海を感じることができるので、自然と手に取ってしまいますね。女優やモデルたちから愛されていて、全身くまなく使える上に食べることもできるから更に嬉しい!ヨーグルトやパンケーキ、お肉を焼く時など様々なレシピに対応できるので、身体の外も中も両方からうるおいチャージができます。様々な種類が販売されていますが、選ぶポイントはヴァージン又はエキストラヴァージンであることと、オーガニックであること。この2つは必ず確認することをおすすめします。又、ココナッツの香りは好みがあるので、香りで選ぶのもポイントです。

*コスパが良く、香りもさほどきつくないので初めての方でも取り入れ易いのはこちら▶︎

*香りがしっかりしているのでココナッツ好きはこちら▶︎

まとめ

どれも使い心地が良くて、いつものお手入れの効率を上げてレスキューしてくれるオイルたち。今からでも間に合うので、まずは1本取り入れてみてはいかがでしょうか?紫外線に負けない潤いたっぷりのオトナ女子サーファーでこの夏を迎えましょう!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

YOSHI

YOSHI

国内・海外問わず、波を求めてトリップ。 その先でサーフィンやスノーボード、スケート、ダイビング、キャンプなど横ノリ&ジプシー体質。ビーチカルチャーやライフスタイル関連の記事を中心に執筆。
Instagram: salty_free