大注目の18歳WCTルーキー『イーサン・ユーイング』フリーサーフィン動画

ライター: surfpro

422Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

イーサン・ユーイングWSL / Kelly Cestar

2017年1月9日にオーストラリアのカイアマでWSLワールドジュニアチャンピオンシップ(WJC)のファイナルが行われた。安定のサーフィンと試合運びで、優勝候補と言われつつしっかりと優勝を果たしたオーストラリア、ノース・ストラドブローク出身のイーサン・ユーイング(Ethan Ewing)

若干18歳で2017年のWCTにクオリファイした大注目のルーキーだ。来季のWCLツアールーキーは、コナー・オレアリーフレデリコ・モライスレオナルド・フィオラヴァンティジョアン・ドゥルイアン・ゴーベイアイズキール・ラウとかなりハイレベルな今年のルーキー。その7人のうちの1人となる。

こちらは2017年ワールドジュニアの前のフリーサフィン動画。コンテストでも安定感抜群です。

Free surfs before World Juniors! @richarddogmarsh @dhdsurf

ETHAN EWINGさん(@ethan_ewing)が投稿した動画 –

こちらOakley X Garage Entertainment Presentsサーフィン動画もあわせてどうぞ!

Oakley X Garage Entertainment Presents: Behind The Scenes of ‘LUMA’ with Ethan Ewing from surfstitch on Vimeo.

WSLワールドジュニアチャンピオンシップ(WJC)結果はこちら。前田マヒナは2014年のWJCでワールドチャンピオンを獲得し、その翌年と今回2年連続でWJC2位となっている。JPSA2016ウィメンズのグランドチャンピオン川合美乃里は5位で大健闘という結果だった。

・メンズ
優勝:イーサン・ユーイング(Ethan Ewing)(AUS)
2位:グリフィン・コラピント(Griffin Colapinto)(USA)

・ウイメンズ
優勝:メイシー・キャラハン(Macy Callaghan)(AUS)
2位:マヒナ・マエダ(前田マヒナ)(HAW)

*詳しくはWSL公式HPをどうぞ
メンズジュニア /ウィメンズジュニア 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!