ハワイ生まれのサーフィンブランド『HIC』。ロゴに秘めた想いとは

ライター: WAVAL

4Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

マーク3

HIC

・70年代の NO RING DOT ROGO
HIC サーフボード

当時から変わらない、ハワイの自然がモチーフの丸いHICロゴデザイン

『HIC』(Hawaiian Island Creations:ハワイアン・アイランド・クリエイションズ)は、ハワイ生まれのサーフブランド。ハワイ好きのサーファーならご存知な方も多いでしょう。世界のトッププロサーファーもサポートする、ハワイを代表するサーフブランドです。ハワイ・カイルアでの創業は1971年で今年で45周年。

そのハワイ生まれのサーフブランドHICは、日本のサーフタウン千葉一宮にも店舗がありショップオーナーは日本人。もともとハワイのHICで働いていたオーナーが「日本でHICをやらせて欲しい」と直訴し、こうしてHIC JAPANとして一宮でスタートを切ったのが1997年。一宮店オープン20周年という節目を迎えるにあたり、HIC JAPANはオリジナルTシャツを作製したのです。

HICロゴデザインも長い歴史の中で幾つかのバージョンがあり、今回その中から今も愛される続ける3バージョンを選出。そしてその歴史を感じさせる味わい、独自カラーを出すため、染色と洗い加工など仕様にもこだわっている、そんなシンプルなヴィンテージTに込められた想いは「原点回帰」なのです。

HICの原点「アロハスピリット」

このロゴは、1971年にハワイのカイルアでHICが誕生した時から今日に至るまで変わらず使われてきたもので「Ka LA(太陽)」「Lua’i Pele(火山の噴火)」「Ka Aina(島)」「Ka Nalu(波)」というハワイを代表する4つのエレメントを一つのドットの中に組み込んだデザイン。つまり、このロゴ自体がハワイそのものを表現しているのです。

HIC 創業者

「アロハスピリット」溢れる創業者のツカヤマ・ブラザーズ。アロハスピリットとは「常に温かく正直に、思いやりと感謝を持ってこの素晴らしい瞬間、経験を分かちあおうとする心」のこと。いつしかこのロゴは、HICが掲げるアロハスピリットの象徴となりました。

すべては人と人とのつながりのおかげであり、まさにアロハスピリットがHIC JAPANを支えてきました。日本人を信頼し、HICの屋号を手渡したツカヤマ・ブラザーズも、この土地へHICを迎え入れてくれた一宮ローカルの人々も、そしてここへ集うサーファー1人1人も、すべてアロハスピリットで繋がっている。そしてこれからも、このショップからアロハスピリットを広く伝播させていきたい。という想いにより今回のオリジナルTシャツはアロハスピリットが詰まったロゴがモチーフとなりました。

3種類のHICオリジナルTシャツ

今回のコレクションは「レトロドットT」「ノーリングドットT」「ヴィンテージドットT」の3種類。どのデザインもHICのアイデンティティでありアロハスピリットの象徴でもあるロゴを全面的にフィーチャーしています。

1.レトロドットT(RETRO DOT T-shirt)

現在でもサーフボードのロゴとして使われているレトロドット。70年代から長らく使われているこのロゴにはファンも多い。当時の配色もリバイバルし、3色使いでよりクラシカルに。ポイントは胸ポケットにあしらわれたハワイ伝統の生地「ハワイアンパラカ」。

ボディーカラーは、ハワイアンフラッグのカラーからナチュラル(白)、ネイビー、レッド。レッドも普通の赤ではなく「ダートレッド」、サーファーにはおなじみ、ノースショアへ向かう一本道の両脇に広がるパイナップル畑の赤茶けた土の色。そんなちょっと深みのある色合いが揃っています。

HIC サーフィン

サーフィン HIC2

サーフィン HIC (1)

ネットからの購入はこちら

2.ノーリングドットT(NO RING DOT T-shirt)

70年代前半初期のサーフボードに使われていたロゴを復刻。サーフィン界のスーパースター・故アンディー・アイアンズもサーフボードに好んで入れていたのがこのロゴです。ボディーカラーではハワイに色濃く茂る大きな樹木の葉を連想させる深みのあるグリーン、爽やかな空のようなブルー、そして焼けた肌に似合うブラックの中からチョイスできます。

HIC サーフィン2

13416747_1324587740901895_3143471195668932548_o

ネットからの購入はこちら

3.ヴィンテージドットT(VINTAGE DOT T-shirt)

こちらのロゴは、オアフ島カイルアにあるHIC本店の看板に今も誇らしげに配置されています。創業当初、70年代のボードに入れられていたロゴでもあります。

HIC サーフィン3

そして、左袖にはHICの原点であるアロハスピリットを広げていくメッセージをプリント。ボディーカラーはサックスにライム、そして定番のネイビー、比較的明るめの3色。

HIC サーフィン4 2

ネットからの購入はこちら


こういったHICの想いに共感された方や、日常生活にハワイやサーフィンを感じたい方はぜひチェックしてみてください!

アロハスピリットですべての人を受け入れるサーフショップ

HIC千葉店は都内からは車で約90分、サーファーでなくてもドライブついでに気軽に寄れて楽しめる、そんな誰に対しても門戸を開いている雰囲気が溢れています。

そして、もうひとつHICが力を入れているのがサーフィンスクール。この界隈でもここまでスクールに力を入れているサーフショップはなかなかありません。こうしてサーフィンを通じ「アロハスピリット」を広げていくことが、HICにとって最も大切なことなのです。(サーフィンスクール関連記事:サーフィン初心者にサーフィンスクールをお勧めする6つの理由

・HIC千葉店 HIC千葉一宮


■問い合わせ先
・HIC千葉店
千葉県長生郡一宮町一宮10055
営業時間:9:00-18:00 年中無休
TEL:0475-42-1522
問い合わせフォームhttps://ssl.form-mailer.jp
HIC CHIBA & TOKYO STORE HP :http://store.hicsurf.co.jp

・HIC東京店
東京都杉並区西荻南2-6-3 102
営業時間:12:00 – 21:00
店休日:毎週月曜日
TEL : 03-6855-7850
facebook:http://www.facebook.com/hictkyst

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)