『マーゴ・ア―ハモン・テュコ』ARTISANAL LIFESTYLE

ライター: WAVAL

256Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

マーゴ・ア―ハモン・テュコ

Margaux Arramon Tucoo creates a world that suits her. She rides longboards in the era of ever-shorter. She paints kaleidoscopic rainbows of shapes and color that do not betray her first love.

マーゴ・ア―ハモン・テュコは、自分に合った世界観を創り出している。人気のない時代にロングボードに乗り、初めて大好きになったものを忠実に表す、多種多様な形と色を描くのである。

Though surfing and art are inexorably linked, she believes that surfers do not have to be surf artists. Instead, her entire world, from her pastel yellow Renault van to the clean lines she carves on her single-fin longboards appear effortlessly orchestrated — as though she bends the appearance of the universe to suit her whimsical mind. This speaks to the intangible magnetism Margaux possesses. It’s not record-breaking aerials or death-defying tow-ins that have garnered her international attention.

サーフィンとアートは確実に繋がりがあるものの、サーファーはサーフアーティストでなくていいと彼女は考えている。サーフアーティストでなくても、パステル調の黄色いルノーのバンや、シングルフィンのロングボードに彫った鮮明な線といった彼女の世界観が、自然と整っており、それがサーフィンとアートの繋がりを示しているのだ。まるであらゆるものの外観を彼女の奇抜な感覚に合わせるために、曲げたかのように。このことが、マーゴの、目には見えない魅力を物語っている。その魅力は、国際的に注目を集める記録的なエアリアルでも死を恐れないTow-inスタイルのサーフィンでもない。

It’s a personal style that colors her surfing and painting alike, even if neither one makes explicit allusion to the other. She has a certain gravity that draws the admirer in to her art and riding; once you’ve seen the way she works, you’re mesmerized. She speaks and moves with slow, deliberate artistry and implacable grace. She soaks in new places, new faces, new breaks and new paints, and returns home with new eyes for familiar surroundings. The world is her canvas, she is truly a multimedia artist.

彼女のサーフィンと絵描きが似たものになっている理由は、個人的な流儀に関係している。仮にその両方が互いに関連していなくてもだ。彼女には、彼女のアートと波乗りに対して崇拝の念を抱かせる力が確実にある。彼女の働き方を見れば、魅了されるのである。話し方にも動作にも、ゆっくりと、深みがある芸術性としとやかさがあるのである。新しい場所、面々、変化、ペイントに没入し、周囲の身近なものに対して新しい感覚を持って、家に戻るのである。この世界は彼女にとってキャンバスであり、彼女は本物のマルチメディアアーティストである。

Surfing is Margaux’s way of reconnecting with the essential, of speaking directly to the quietest part of the soul. Surfing gives what creating takes. “On days when I’ve been drawing all day, I feel the need to put my head in the water and go surfing for a bit.” The process of painting is codependent on the art of riding, but she is careful not to confuse this interconnectedness for a mandate of depiction. By keeping art and surf separate, Margaux keeps the world on its toes. She is free to gather influences and create without constraint. She said it best herself, “I don’t really have a fixed idea of what I want to do anymore. I have a more mature way of seeing things — I don’t know where it will lead me, but we’ll see.”

サーフィンはマーゴにとって、本質的なものと改めて繋がる方法であり、命あるものの最も静かな部分に直接話しかける方法でもある。サーフィンは創造にかかせないものを与えてくれるのである。

一日中描いている日は、頭を水につけたり、ちょっとでいいからサーフィンしにいったりしないといけないと感じる。」描くという行程は、波乗りというアートと相互依存しているが、彼女はその相互結合のようなものを描写という権威あるものと混同しないよう気をつけている。

アートとサーフを区別することで、マーゴは世界を活気あるものにし続けている。自ら感化され、何かに縛られることなく創造しているのだ。彼女自ら言ったのは「自分がやりたいことに対して固定観念を持っていない。より深みを持って物事を感じ取るようにしている。それがどう繋がるかはわからないけど、いずれわかるだろう。」

ARTISANAL LIFESTYLE | MARGAUX ARRAMON-TUCOO from Terasu on Vimeo.

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)