エリー・ジーン・コフィーの過激すぎるセクシーサーフスケート動画

ライター: surfpro

1950Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

エリー・ジーン・コフィー2

WQSのプロサーファーでありモデル、WSLリポーターもこなす、海外版 峰不二子を彷彿とさせるエリー・ジーン・コフィー(Ellie-Jean Coffey)。彼女のインスタグラムやFacebookにはもともとエロスなショットが満載だ。批判的意見もあるようだが、もちろんファンも多いそう。

しかし今回は究極のエロサーフスケートを披露。極限を超えました。

Facebook投稿で、本人は「サーフィンの練習をちょっとしてみた。」と言っていますが、そのちょっとで世間はザワついています。ビッグウェイブがキテます。

この動画はGQ誌で”最もホットなインスタグラム動画”に選ばれました。
GQ:THIS IS THE HOTTEST INSTAGRAM POST YOU’VE EVER SEEN

そんな権威のある、セクシー・エリー・ジーン・コフィー究極のエロサーフスケート動画をどうぞ▶︎

しかし安心してください、サーフィンもちゃんとやってます。
セクシー・エリー・ジーン・コフィーは、サーフィンの名所オーストラリア クーランガッタ出身ということで、ビラボンをスポンサーにつけWCT入りを目指しています。セクシーサーフィン動画もどうぞ▶︎

サーフスケートのサイズについてあくまで目安の1つとしてだが、サーフィンは自分の肩幅より少し広いスタンスをとるので、もしあなたが身長170cmのショートボーダーならデッキサイズ32~36インチ程の長さに。身長、足の長さ、好みもあるので実際には1インチ=2.54cmとして計算してみると良いでしょう。



こちらのセクシー動画もあわせてどうぞ▶︎
超セクシーな『ヌードサーフィン』でスポンサー獲得したプロサーファー

清宮佑美のセクシービキニ サーフムービー by GoPro
サーファーガール 清宮佑美

あわせて読みたいスケボーの記事

サーフスケート関連記事

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログランキングへ


サーフィン ブログランキングへ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!