【カレント(離岸流)を見分ける方法】海に入る前に確認するべき事

ライター: AtsushiTada

8953Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

毎年、海で発生する不幸な事故のなかで、サーファー、遊泳者限らず多いものの一つはカレント(離岸流)です。

逆にカレントを理解していると、サーフィンにおいては沖に出易くなったりと便利な面もあります。色んな意味で、海に入る前にどこでカレントが起きているのか?ということを必ずチェックしましょう。
カレントに対する対処法は>>【注意喚起】気づいたら岸から離れてしまった時の対処法 カレント(離岸流)に入ってしまったら

カレントは初心者サーファーなら尚更注意しなくてはなりませんが、熟練サーファーでも危険な目に会います。気温が暖かくなる季節にはサーファーに限らず多くの人々が海に入る機会が増えるので、この機会にカレントに対する意識を見直し、友人・知人に海に入る知識として広めてあげましょう。

カレント(離岸流)とは?

岸にブレイクした波が、波のブレイクしない深い所場所を通って沖に戻っていく潮の流れのこと。要はビーチから沖に向かって流れる危険な潮の流れです。基本的に波のサイズが大きくなればなる程、動く海水の量が多くなり、カレントも合わせて強くなってくので海に入る際には非常に注意が必要になります。

またテトラポットや障害物の近くはカレントが起こりやすいですが基本、スポットによってカレントが発生する場所は異なり、日々流れている潮の影響で海底の地形が変わっていくためカレントの位置も変化していきます。事前にどこでカレントが発生してそうかを確認することが重要です。

 

カレントの見た目ってどんなもの?見分ける方法は?

と疑問に思う方がも多いと思いますし、普段海に接していない人たちから言わせてみれば全く想像がつかないでしょう。遊泳者目線でもわかりやすい例を紹介します。下記、Facebookページ投稿に掲載されている二つの写真にある矢印部分に注目してみてください。矢印部分の左右で波が折れており、潮が沖に向かって流れる様子がわかります。これがカレントです。

 

とても分かり易い写真です。しかしこのような見た目で分かるカレントが普段から発生しているわけではないため、注意深く海の状態をチェックしましょう。

カレントがある場所は波が割れ辛く、海にゴミが溜まり易いのも特徴です。その部分だけゴミが溜まっていたり、泡で濁っていたら気をつけましょう。また先に別のサーファーが入っていたらサーファーの動きや流れをよく観察しましょう。

その他、堤防やテトラポッドなどによって海岸の形が変形していたり、川から水の流れ込みがある場所でも発生します。特に堤防やテトラポット周囲は強いカレントが発生しており、堤防に打ち付けられる事故も発生しやすいので要注意です。

波が小さくても危険です。気付かずに沖に流され、気づいた時にはかなり岸から離れていたりします。海の中ではまわりの景色の定期的なチェックを。海に入る前や入っている最中は目印となる景色をチェックしておいて、自分がどこにいるのかを常に意識的にチェックしましょう。

カレントが見分けられない!初めてのスポットだからよくわからない!

それでも見分けがつけづらかったり、経験の浅い筆者のような初心者サーファーによっては本当にそれがカレントなのか判断できなかったりします。

その場合は、恥ずかしがらずにライフセーバー、周りのサーファー、地元のサーファーなどに声をかけて質問してみましょう。カレント以外にもリーフの場所など細かい情報が聞けることができます。

また、サーフィンスクールのインストラクターの方々は基本、カレントや潮の流れについて説明してくれるので、まだスキルに自信がない方はまずスクールに行きましょう。スクールは紹介などがあると安心して行けますね。

TheSeawas AngryThat Day Photo by: The Sea was Angry That Day, on Flickr

事が起きてしまっては既に手遅れに。そして自分の危険だけでなく、まわりにも負担がかかります。海に入る前は絶対にカレントをチェックして、楽しいサーフィンライフにしましょう!

Thumbnail Photo by: January 28th: Rip Currents at Sharks Cove by karendesuyo, on Flickr

しかし、カレントに流されてしまったら!

【カレント(離岸流)に流されてしまった時の対処方法】海に入る前に確認するべき事

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

TadaAtsushi

AtsushiTada

WAVALと出会い30才にて初心者サーファー。WEBディレクターやりながらライティング、アクセス解析、UI/UXデザイン、などなど幅広く浅く。初心者でも楽しく、安全にサーフィンを楽しんで上達(自分も)できるよう勉強、練習中。基本自分への戒めとなっている記事を書いてるものが多い。