『日本人初のWCTサーファー』五十嵐カノア 日本国籍でのWCT参戦を正式発表!

ライター: surfpro

2280Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

五十嵐カノア

先日、五十嵐カノアが2020年の東京オリンピック サーフィン日本代表に向けた強化指定選手に内定したが(五十嵐カノアが日本代表強化選手入り『2018 強化指定選手』発表)今回、世界トップのサーフィンツアーイベントであるWCT(World Chanpionship Tour)に日本人国籍として参戦することを正式発表した。五十嵐カノアの発表コメント全文を動画より要略してご紹介します。

五十嵐カノア 要略コメント:

「家族も親戚もみんな日本人で、日本としてやってもらいたいと言われていた。自分にも日本の旗で子供の頃からやってみたいという思いがあった。日本の旗を持ってワールドチャンピオンになりたい。

子供の頃から大野さん達を見ていた。今後もっと日本人も活躍して世界ツアーに入ってくると思うし、今回日本人が初めてCTに入ることでみんなのモチベーションも上がればと思う。

僕の家族はみんな東京からなので、子供の頃から家族で東京に行っていた。海までは遠いけど車で海まで行っていた。東京はやはり世界でもパワーのあるところで良いところ。いつも日本では波がある千葉一宮でサーフする。

金メダルとるために頑張りますが、みんなのサポートと応援でモチベーションが高まるんです。これから日本代表としてWCTツアーを回る。スナッパーから日本人として初めてのCTで夜も眠れないくらい考えていて楽しみで、頑張るので応援宜しくお願い致します。」

日本人としてのカノアのルーツも以前より公開されていました(【カノア五十嵐のルーツ】ドキュメンタリー動画#GoodLuckKanoa)。これにより日本サーフィン界がより盛り上がって来るでしょう。日本人国籍としてのカノアの初戦は、2018年WCT初戦オーストラリア スナッパーで行われるゴールド・コーストプロ(開催期間:3/11-22)。個人的にも楽しみで仕方ない。日本人初のWCTサーファーとなった五十嵐カノアを皆で応援しましょう!

・WCTツアースケジュール:ケリーのウェイブプール『サーフ・ランチ』も加わったWCT2018ツアー日程

五十嵐カノアのコメント全文は以下よりどうぞ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!