サーフィンウェイブプール『神戸レイーズ』7/27(水)オープン!

ライター: Mg

10279Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

コウベレイーズ

待ちに

待った日本初サーフィン用ウェイブプール

サーファー達が今か今かと注目していた日本初の人工ウェイブプール施設「KOBE-REYES(神戸レイーズ)」がいよいよ今月7月27日(水)オープン!テーマ第1弾は「サーフィン体験型施設」。

DCIM100MEDIADJI_0605.JPG

まずはビギナー波でオープン

・REYESxKINGS代表 押部宣広氏のTwitterより


2016年春にオープン予定だったのですが諸般の事情からいまだオープンされていませんでした。なにしろ日本初で、前例のないことです。国際特許取得の段取りや、これまで海外にあった人工波の同じ波ばかりで飽きるというようなおもしろくなさを改良する、リアルな波に近づける研究が、その間にたっぷりと重ねられていたのです。施設は手ぬかりなくクオリティを高めています。期待大ですね!

KOBE-REYES(神戸レイーズ)を手掛けている企業は先んじて神戸にオフシーズンのスノーボードジャンプ練習場「神戸KINGS(キングス)」を建設しています。同社押部社長は鉄工所(実家)や機械設計事務所での勤務経験を活かしながら津波研究者の論文までも参考にして波の起こる仕組みについて研究し、今回の独自の造波装置(水を前に押し出す)を作り上げてきました。

最初は1/10サイズで研究が重ねられ、装置を実際の大きさにした現在は最大波の高さ1.8mで再現できました。初期研究時の人工波はこちら▶【シュール動画あり】神戸人工サーフィン施設「コウベレイーズ」

関連記事:サーフィン人工波施設「ウェイブプール構想」を静岡県・牧之原市が発表

行き方は?どんな場所?

現段階ではインストラクターの講習も予定されています。
初心者のサーフィンはまったく1人で始めようとする場合、周りにサーファーの知り合いがいたり、サーフショップに気軽に入っていければ良いのですが、そうでもないとハードルが高い部分もあるのでこうした施設を利用することで身近なスポーツとして取り組めるでしょう。サーフィンがより身近なものとなればオリンピックを前にサーフィン業界自体のいっそうの盛り上がりも見込めます。

KOBE-REYES(神戸レイーズ)の人工波は長さ約100m、幅最大約60m。およそ15秒ほど乗れるようです。

DSC_1073

■施設

●「KOBE-REYES(神戸レイーズ)」は「Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテル」内に併設
●サーフィンのためウェイブプール利用だけでもOK。温泉やホテルを利用するのもOK。
●レンタルボード完備で手ぶらで行ける…持込みについてはおそらく可能の方向。現時点で確定なし(2016年7月18日現在)

施設内は
・源泉掛け流し温泉「銀河の湯」利用可能
・施設は源泉温泉・大露天風呂・壷湯など温泉の種類も豊富
・銀河の湯レストラン「銀河亭」も利用可能
となっています。

人工波でサーフィンを満喫した後は温泉でゆったり。いいですね。源泉掛け流しの温泉、食事とアフターも充実しています。友達カップル、またファミリーちょっとした旅行にもいかがでしょうか。

■アクセス・料金

神戸市内からほど近くアクセスの良さも。
・無料送迎バス運行中
三宮からは無料送迎バスあり
・無料駐車場500台完備 大型バス駐車可

・料金は未定です(2016年7月18日現在)

KOBE-REYES(神戸レイーズ)を手がける株式会社レスポンスエンジニア

KOBE-REYES(神戸レイーズ)を手掛けている会社株式会社レスポンスエンジニアはこれまでにも神戸に2003年世界初となるエアーマットランディングのシステムを取り入れたスノーボードジャンプ練習施設「神戸KINGS」を作っています(衝撃吸収性能と着地感覚を備えた特殊なエアマット採用)。
スノーボード・ビッグエアー、X-Games金メダルで世界のトップ角野友基【角野友基】X GAMESビッグエア日本人初の金!も通っていた施設。※スノーボード・ビッグエアーは2018年平昌五輪の新種目で現在、角野が優勝候補です。

ヨコノリの遊びのパイオニア的存在の企業が手掛け、オープン以降12年間愛されてきた「神戸KINGS」は観測史上最大の豪雨により入口付近と駐車場部分の崖が崩落したことにより一旦、周囲に惜しまれながら閉鎖しています。ところが!

「KOBE-REYES(神戸レイーズ)」と「新生神戸KINGS」が一度に楽しめる「みのたにグリーンスポーツホテル」

閉鎖したと思われた「神戸KINGS」でしたが!無事今年の6月15日から「新生神戸KINGS」として「KOBE-REYES(神戸レイーズ)」と同じみのたにグリーンスポーツホテルの敷地内に再開しました。

※上の画像は「新生神戸KINGS」、下の動画は閉鎖前の「神戸KINGS」でスノボのオフトレ ジャンプ練習風景

神戸KINGS

今後はみのたにグリーンスポーツホテルの同じ敷地内で「KOBE-REYES(神戸レイーズ)」、「新生神戸KINGS」が楽しめるということになります。
「神戸レイーズ」は7月27日(水)オープン決定!待ちどおしいですね!

後日の記事:
・コウベレイーズの利用&周辺ガイド▶ウエーブプール『神戸レイーズ』利用完全ガイド&観光ガイド
・コウベレイーズの波質が見られる動画(今季ヒザサイズ)▶サーフィン初心者に安全で最適!人工サーフィン施設『神戸レイーズ』
・コウベレイーズでのはじめてのサーフィン動画▶【初めてサーフィン】時代の最先端!初心者向けサーフィン施設動画


株式会社レスポンスエンジニア
KobeKings
みのたにグリーンスポーツホテル

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Mg

Mg

海の街に暮らしています。 海をベースに、人と自然の交わるところで日常がより良くなるような情報を発信していきます。