サーフィン用語辞典【あ】

ライター: WAVAL

2Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン用語辞典【あ】

・アイランドプルアウト

早くてワイド(崩れるのが早くてピークが幅広い波)な波に乗っている時、ノーズから波の中に突っ込んでプルアウトするサーフィンテクニック。

・アウターリーフ

アウターリーフとは、沖の海底にある岩棚のこと。

・アウトサイド

アウトサイドとはサーフィンポイントの沖側。反対語はインサイド。

・アウトライン

サーフィンボードの外周。

・上げてる

潮が上げている。満潮に向かっている状態。

・頭サイズ

海面から波のトップまでの高さが、人間の身長程の高さという意味。
頭の大きさ(面積)ではありません。

・頭半

海面から波のトップまでの高さが、人間の身長+身長の半分程のサイズという事。
頭の半分くらいの大きさ(面積)という意味ではありません。

※大きさの順番
フラット→スネ→ヒザ→コシ→ハラ→ムネ→肩→頭→頭オーバー→頭半→ダブル→ダブルオーバー→トリプル

・厚い波

崩れ辛く、乗ってもモッサリしている波。

・アップスンダウン

波の斜面(フェイス)をトップからボトムに降り、またトップに昇ることを繰り返して加速するサーフィンテクニック。テイクオフの次にマスターすべきスキルがアップスダウン。
▶︎サーフィン初心者の為の、アップスンダウンのやり方・コツ・練習方法

・当て込み

サーフボードを波のパワーのあるリップ(崩れそうな薄い部分)に当てるサーフィンテクニック。オフザリップなどの技が含まれます。
▶︎【How to】サーフィンテクニック-オフザリップのコツ

・後乗り

すでにテイクオフしてるサーファーがいるのに、その同じ波に後ろからテイクオフして同じ方向に進むサーフィンルール。先にブレイクポイントから乗ったサーファーに優先権があります。

・アーリーウープ

アーリーウープとは、エアー(空中に飛ぶ技)しながら沖の方向に回転する技。そのためエアアーリーウープとも言う。そして360度回転するとフルローテーション アーリーウープと言ったります。
ちなみにアーリーウープの逆回転、岸側にエアーしながら回転する技をエアリバースと言います。
▶︎ジュリアン・ウィルソンのフルローテーションアリーウープ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)