引退試合でミック・ファニングが準優勝!@RipCurlPro BellsBeach 2018

ライター: surfpro

678Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


・地元オーストラリアの同士。ウィメンズ優勝のステファニー・ギルモアと引退試合を準優勝で締めたミック・ファニング@stephaniegilmore

WCT第2戦となるメンズ リップカール プロ・ベルズビーチ(Rip Curl Pro Bells Beach)とウィメンズ リップカール ウイメンズプロ・ベルズビーチ(Rip Curl Women’s Pro Bells Beach)のファイナルデイ。メンズはイタロ・フェレイラ、ウイメンズはステファニー・ギルモアの優勝となった。

本大会で引退表明していた大注目のミック・ファニングはこれで引退とは名残惜しい、相変わらずの軸のブレない美しくダイナミックなレールターンで会場を湧かせた。そのミック・ファニングは、QFでオーウェン・ライト、SFで本大会好調であったパトリック・ガダスカスを敗りファイナルへ。

ミック優勝で有終の美を望んだファンも多い中、ブラジルのイタロ・フェレイラにファイナルで敗れ準優勝となった。ミックはいつもどおり美しくキレのある正確なレールターンで攻めるも、イタロは際どいクリティカルセクションを攻めきりハイスコアを叩き出して優勝を飾った。ミックが最後、7.57P出すと逆転優勝という場面だったが期待のセットが来ずに終了。最後の最後まで手に汗握る攻防となった。

試合終了後、ファイナリスト2人が暫くの間抱き合い健闘を讃え合った感動シーン

WAVALさん(@waval.surf)がシェアした投稿

・ミック・ファニング現役最後の試合
Mick Fanning vs Italo Ferreira – FINAL -Rip Curl Pro Bells Beach 2018

本大会で引退するミック・ファニングに敬意を表し、ミックに続きリップカールチームメンバー達がリップカールの赤ロゴステッカーを黒ロゴに張り替えたり、最後の最後までミック優勝の可能性が残るなど…、多くのドラマが生まれた。今までも様々な話題やドラマを持つミックは今後、世界のまだ見ぬ波を求めて #TheSearch の旅に出る。引き続き誰からも愛されるレジェンド、ミック・ファニングを応援していきたい。

次は1週間後(4/11-22) WCT第3戦 オーストラリア マーガレット・リヴァー・プロとなる!
ケリーのウェイブプール『サーフ・ランチ』も加わったWCT2018ツアー日程

・ファイナルデイハイライト:at Bells Beach 2018
http://www.worldsurfleague.com/highlights-finals-day-at-bells-beach

・試合の詳細
http://www.worldsurfleague.com/2018/rip-curl-pro-bells-beach

・WCT Ranking

 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!