ダスティー・ペインがハワイ ノースで頭部を強打し、一時意識不明となる程の大事故が発生

ライター: surfpro

572Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン

元WCTサーファーであるハワイ マウイ島出身のダスティ・ペイン(Dusty Payne)がハワイ オアフ島ノースショアのバックドアで強烈なワイプアウトを喰らい頭部をリーフにヒット。一時は意識不明となるほどの大怪我を負う事故が起きた。フォトグラファーや多くのサーファーが救助に駆けつけそのまま病院へ搬送された。

救助にあたったノースショアのフォトグラファー、ケオキ・スギボによると、救出してビーチまで運ぶ間の3~4分は意識が無く、ビーチに上がり海水を口から吐き出して意識を取り戻した。頭蓋骨と顎を強くヒットして病院で手当を受けているという。また「今回最悪の結果になっていたかもしれないし、ダスティーは命が助かってスーパーラッキーだった。誰かが海で叫べばサーファーなら誰しも異変に気付くし、今回多くのサーファー達が救助してくれたことがとても嬉しい。」とケオキは語った。

この時期ハワイのビッグウェイブにチャレンジするため多くの世界トッププロやパイプライナーが訪れるが、そんなトッププロ達の大事故も毎年、多々発生している。
パイプラインで意識不明となったエバン ガイゼルマンの続報
カラニ・チャップマンがワイプアウトで大事故!事故現場サーフィン動画

ワイプアウトから救助されるまでの一部始終が撮影された動画がこちら。一刻も早い回復を心より祈ります。

 

World Surf Leagueさん(@wsl)がシェアした投稿

記事参考元:surfer.com/dusty-payne-hospitalized-backdoor-wipeout/

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!