プロショートボーダー『浜瀬海』がロングボードチャンピオンになるまでの経緯と決意、サーフィン上達法

ライター: WAVAL

967Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

浜瀬海

「自分がやりたいことを。」ロングボードチャンピオン『浜瀬海』

JPSA2017ロングボードで初のグランドチャンピオンに輝いた浜瀬海。またプロロングボーダー1年目ということでルーキーオブザイヤーも同時に獲得という快挙。現在プロショートボーダーとして活躍しながらもロングボードでグランドチャンピオンになるまでの今までの経緯や決意、自分流のサーフィン上達方法などが語られた。

・JPSA2017ロングボード グランドチャンプ『浜瀬海』浜瀬海

スケーターからどのような経緯でプロサーファーになったのか?


幼稚園生の時にスケートとサーフィンを始めました。最初はサーフィンよりスケートの方を良くやっていたんです。そして小学6年生の時にTHE SURFKATERS(サーフィンとスケボーの総合横乗りコンテスト)で見事、総合チャンピオンになることができました。

初めはプロスケーターを目指していたのですが、いつしかプロサーファーを目指すようになっていました。THE SURFKATERで優勝した頃から自然相手に行うサーフィンの楽しさを心底感じ、本気でプロサーファーを目指すようになったのです。

中学2年生(14歳)の時にバリで行われたJPSAツアーでショートボードのプロ公認を獲得し、中学3年生からショートボードのプロツアーを回り始めました。そして2017年、今年の初戦のバリでロングボードのプロ公認も得ることができたのです。実はショートボードもロングボードもプロになった場所はバリのクラマスなんです!バリは思い出の地となりました。笑

なぜロングボードのプロにもなったのか?


友達に借りて最初は遊び半分で始めたのですが、やってるうちにだんだん自信がついてきたんです。で、まだロングボードを始めた頃にJPSAのロングボードの大会を観に行った時になんか自分もでたくなってきちゃって。笑

で、プロを目指し始めました。周囲の意見は聞き入れつつも最後は自分で判断。何でも興味を持ったらまず行動に移してみることをオススメします!

浜瀬海

浜瀬海

JPSAツアーで優勝するために行ったこと


行ったことは特に無いです!いつもと変わらないです!毎日海に入ってとにかく楽しんでって感じですね!元々サーフジャンキーですから。笑 普段から楽しいことをただやり続けただけですよ。でもここまで練習したら誰にも負けないっていう自信は最終戦の時にありました。そこまでの境地に行くことが大切かもしれませんね。

ショートボードとロングボードの違いや上達方法


ショートとロングボードはまず長さが違うのでまったく動きが違います。波の使い方も選ぶ波も違いますね。ロングにはロング、ショートにはショートの乗り方がありますが、ロングをやることでショートがうまくなるし、ショートをやることでロングがうまくなります。

ロングをやることでレールワークがうまくなってショートボードのドライブが深くなるし、ショートをやることで板が動かせるようになったりする分、ロングボードがまた一層楽しくなるんです。僕の場合はそうでした。うまくなります!

また気持ちの部分では自分はショートもロングもシングルフィンも大好きです。波によってでなく気分で板を選びサーフィンします。それが1番サーフィンが上達する方法だと自分は思います!

・JPSAショートボードツアーでの浜瀬海

浜瀬海

浜瀬海

これからの若いサーファー達へのメッセージやアドバイス


自分がロングボードを始める時、賛成と反対、様々な人からアドバイスなどを頂きました。「ロングに出た方がいいじゃん!」「いやまだ早いでしょ。」etc..

自分も考えました。でもまだ早い?いや、誰もやってないし、自分はやりたい、自分がやらなくて誰がやるの?…というようなノリでみんなから有難いアドバイスを頂きつつも、最後は周り関係なく自分の人生なので自分で決めました。結果、今すごく最高です!

自分の人生なんだから何をしても自分。最終的に人と比べるんじゃなくて自分が何をしたいのかですよね。それを今の若いサーファー達にアドバイスしたいです。

浜瀬海

今後の取り組みや、将来の夢


今後はロング、ショート共に楽しむだけです。試合もまだ回るかわかりませんが、気分次第で決めたいと思います。

夢ややりたいことは沢山あります。些細なことでも、サーフィンでも。もちろんサーフィンは今よりもうまくなりたいです。ロングもショートもシングルフィン全部持って旅に出たいです。そしていっぱいいい波に乗りたいです。

今後も兎に角サーフィンを楽しんでいきたいと思います。スポンサーや応援して頂いた皆様がいたから最後まで頑張ることができました。これからも応援宜しくお願い致します!

・浜瀬海HP:http://kai-hamase-surfing.com
・浜瀬海ブログ:https://ameblo.jp/surf5050surf/

・スポンサー:Billabong, rockdance, sidecanyon, YNSF, vonzipper, destination, freestretching, haircalifornia, futures.

 

関連記事:「日々新たな発見を」ロングボードチャンピオン 田岡なつみ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)