「日々新たな発見を」ロングボードチャンピオン 田岡なつみ

ライター: WAVAL

923Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

田岡なつみ

仕事でもサーフィンでも日々新たな発見を

JPSA2017ロングボード女子で初のグランドチャンピオンに輝いた田岡なつみ。プロロングボーダーとして活躍しながらも、今年はショートボードでもプロ資格を獲得。広告起用や就職などビジネス面でも活躍中の田岡なつみプロから、悲願のグランドチャンピオンとなったこれまでの経緯やこれからの目標などが語られた。

最終戦優勝 & グラチャン獲得の為に行ったこと


今まで千葉の幕張から学校に通っていたため週に1回程しかサーフィンできなかったのですが、今年は千葉の東浪見に引っ越して週3-4回サーフィンができるようになったのが大きかったと思います!就職先に練習時間を配慮頂いて時間を確保できるようになりました。またショートボードでパドリングするとまだすぐに疲れることもあって、以前トレーナーに教わった体幹中心のトレーニングやランニングなどの基礎体力トレーニングも続けました。

ある程度の練習時間の確保と技術面&体力面のトレーニングを正しいやり方で行ったこと。そして今年からショートボードにも力を入れたことが大きいですね。

田岡なつみ

ショートボードを始めたきっかけ


ショートボードには興味があって、今までは遊びでやったことある程度でしたが、周りからの後押しもあり今年から本格的にショートを初め、プロショートボーダーになることができました。ショートの大会の前はショート中心に、ロングの大会の前はロング中心に練習していますが、全体だとショートとロングはおよそ半々くらいの比率でやっています。

ショートボードの練習がロングボードの技術向上に繋がったのか


やはりショートボードをやることでロングボードも上達したと思います!ショートボードに乗ることで、パドルからテイクオフのタイミング、レールワークなど、1から考えて練習するようになりました。

ロングは板の重さと浮力で進むけど、ショートはファーストターンで自分でスピードをつけないと次のセクションに続けることができません。特にテイクオフからファーストターンを意識して練習しました。その練習によってロングではテイクオフがスムーズになりスピードもついて、ノーズライドも安定してできるようになったんです。サーフィンはスピードが重要ですからね。

ショートもロングもどちらも楽しいですが、特にショートはできないことが多く、1から学びながらやっているので新鮮で楽しみも多いです。楽しんでサーフィンができていることも上達の秘訣ですね!

田岡なつみ

社会人プロサーファーの生活リズム


高校も大学も卒業して社会人になる。という家のルールもあって就職しました。試合がある時以外は、週3回(月〜水曜日)は勤め先の株式会社マイナビに出社し、それ以外の曜日は東浪見に移動してサーフィンの練習をしています。会社からは練習や試合を仕事の一部として認めてもらっていて、今年はロングとショート合わせて海外の試合7戦と国内の試合9戦出場数ことができました。

仕事面でも色々学びがあり、日々新たな発見があるので楽しいです。また会社の部署で応援してくれるからそれもとても励みになっています!

田岡なつみ

目標達成の秘訣と将来の夢


プロロングボーダーになってから7年目。目標としていた念願のグランドチャンピオンを獲得できて今はホッとした気持です。目標を達成するためには、自分の目標に向かって毎日継続し続けることが1番。仕事でもサーフィンでも日々新たな発見があります。だから毎日楽しくて継続できているんだと思います。

今後はWSLなどの世界大会にも積極的に出場して、世界一になれるように頑張ります。来年はJPSAロング、ショート全戦出場することを考えています。夢と言ってもまだやりたいことは色々ありますが、ロングでは世界一、ショートでは1つでも順位を上げられるように頑張ります!

 


田岡なつみプロの日常や試合の様子はインスタグラムからチェック→@natsumitaoka

田岡なつ

・田岡なつみ(たおか なつみ)プロフィール
生年月日:1994年8月12日(22歳)
千葉県出身 /身長:150センチ

・経歴
2011年 JPSAロングボードプロ合格
2013年 千葉県立千葉西高等学校卒業
2013年 桜美林大学入学
2017年 桜美林大学卒業
2017年 株式会社マイナビに就職
2017年 JPSAショートボードプロ合格
2017年JPSAロングボード年間総合ランキング1位
WSL Jeep World Longboard Championship 世界ランキング9位
WSL Women’s Cancer Institute NSW Pro(Australia)1位
WSL Whalebone Classic(Australia)1位

・スポンサー: 株式会社マイナビ, ばんからラーメン, ムラサキスポーツ, AIR TIGHT, Mermaid & guys, 四天木リゾート, Creature, Rhythm

・関連記事:
プロショートボーダー『浜瀬海』がロングボードチャンピオンになるまでの経緯と決意、サーフィン上達法

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)