『サーファー車6台が車ごと盗まれた盗難事件』被害者の共通点や車種などについて

ライター: Micky-G

4690Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

大洗海岸
3連休 低気圧が通り過ぎた後の大洗海岸のビッグウェイブ

茨城県大洗サンビーチの駐車場でサーファーの車6台が車ごと盗難に。被害者に共通する点や車種は

昨日お伝えした以下について追加情報をお伝えします。
茨城県大洗海岸の場駐車場で、サーファーの車6台やサーフボードが相次ぎ盗難被害に

大洗サンビーチの駐車場でサーフィン中のサーファーの車6台が、車ごと盗まれた事件は被害額も大きく、1日に6台も1度に盗まれたということもあり大きなニュースとなっている。今回、事件の被害者より今回の事件について伺った。再発防止と一刻も早い犯人逮捕に繋がればと願い共有します。

事件発生日時は3連休の最終日10月9日(月)の14:00-16:30の間。6台ともほぼ同じ日時に盗まれたという。またその前日あたり10月7日~8日に大洗でプロサーファーの板6本やウェットが盗まれたが同一犯の犯行かはまだ分かっていない。プロサーファーが盗まれた盗品は幸いにもリサイクルショップで無事発見されている。

・車6台が1度に盗まれた大洗サンビーチ

今回盗まれた車6台の被害者の全員に共通していた点が、サーフロック(キーボックス)を車に取り付けていた点だという。犯人は短時間の間にサーフロックを壊して中のキーを盗む術を知っていたことが想像できる。しかも1日に6台もほぼ同時刻に。恐らく組織的な犯行だろう。ちなみにその日盗まれた車種は ハイエース、ベゼル、ハリヤー、ローバー、etc…とSUV系が多かったそう。

これは自分にも誰にでも起こり得た事件

今回話を伺わせて頂いた被害者は、まさか自分が。サーフィン後に車が無くなっているなんて夢にも思っていなかったと言う。車の他、中に積んであった、現金、時計、洋服、パソコン、スマホと全て消えて無くなった。残ったのは乗っていたサーフボードとウェットスーツのみ。海を上がってから、身内が迎えに来てくれるまで濡れたウェットのまま9時間過ごしたそうだ…さすがに後半は乾いていたと思うが… これは自分にもいつでも起こり得る事件である。

サーフィン中の盗難防止方法

常習犯は遠くから鍵の隠し場所を見ています。鍵は首にかけるキーケース(キーポケット)に携帯して海に入るか、リーシュコードやウェットスーツのキーポケットに。またスマートキーの場合は合鍵でアナログキーを持参するのがベストでしょう。車のガラスを割られるケースも多くあります。そもそも海に高価な物や現金は持参しないなどの事前対策を心掛けましょう。

10月9日(月)14:00-16:30の間に大洗サンビーチ駐車場付近で不審な人物を目撃した人はどんな情報でも良いので警察までご連絡下さい。再発防止と一刻も早い犯人逮を願います。シェア拡散大歓迎です。

WAVALインスタグラムからも情報発信しています▶︎instagram/waval.surf

・サーフィン防犯グッズ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』をモットーに、独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。