『フィリペ・トレドが出場停止処分に』WCT2017第4戦オイ・リオ・プロ

ライター: surfpro

492Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン
フィリペ・トレドが犯したインターフェア

ブラジル リオデジャネイロのサクアレマで開催されているWCT第4戦Oi・Rio・Pro(オイ・リオ・プロ)。メンズRound3でカノア五十嵐が地元ブラジルの強豪フィリペ・トレドを破っている。(関連記事:カノア五十嵐がフィリペを破る!ヤゴ・ドラがジョンジョンを破る展開に!WCT2017第4戦オイ・リオ・プロ

その際にフィリペ・トレドはカノア五十嵐に対して序盤、インターフェアを犯した。地元開催ということもあり熱くなったのか、フィリペ・トレドは試合後にジャッジ本部に駆け寄り抗議。これによりWSLはフィリペに対し、次のフィジープロ2017の出場停止を決定したのだ。

インターフェアの場面はこちら▶︎

 

ブラジル サーフィン

今回は試合開始直後、1本目の波ということで先に波に乗った方に優先権が付く場面。波のピークから先にカノアがテイクオフをしたとジャッジされフィリペにインターフェアが言い渡された。

試合でのミスは仕方ないにしてもジャッジに詰め寄るのはプロとしてよろしくはない。本人も出場停止処分については真摯に受け止め反省している。

「僕は情熱的でサーフィンは自分の人生そのもの。試合中にインタフェアをコールされ動揺し、ヒート後の熱くなった自分の行動に今は反省している。 ファン、スポンサー、メディアとWSLに謝罪し、また責任をとり出場停止処分を受け入れます。次のフィジーイベントに出れないのは残念だけど、ジェフリーズベイで成長し復活することを楽しみにしています。」とフィリペはコメントした。

トップアスリートであり続けるにはスキルだけでなく人間性も必要となる。自分だけの力ではなく、スポンサーやサポートしてくれている周りの人達おかげでWCTという舞台に立てている、常にそのような責任と自覚を持って行動すべきであろう。このペナルティーによりフィリペはまたあらゆる面で成長して戻って来るに違いない。

記事参照元:
www.worldsurfleague.com/events/2017/
www.worldsurfleague.com/posts/254073/filipe-toledo

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!