タジ・バロウがサーフィン中に溺れた12歳少女を救出!

ライター: surfpro

5039Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

タジバロウ

輝かしい成績を残しつつも多くのファンに惜しまれながら、CTサーファー19年目の2016年にCTツアーを引退したタジ・バロウ(タジ・バロウ引退関連記事▶︎タジ・バロウがワールドツアー引退を発表!その引退理由とは)。

そのタジ・バロウが12歳のグロムサーファー、クロエ・キャンベルちゃんを救出した。オーストラリアのサーフィン誌Stabによると、タジ・バロウ主催のジュニアサーフィンコンテスト中の出来事であったという。

14歳以下の部門に出場していたクロエちゃんのリーシュコードが切れ、姿が見えなくなった。事件当時は6フィート近くの大きなセットも入る厳しい状況であったが、幸いにも近くにいたタジが自分のサーフボードを彼女に渡して救出したのだ。

タジバロウ2

タジのおかげで安全に陸に戻ることができたクロエちゃんは泣きながら「救ってくれてありがとう」とタジにお礼をした。タジは「私は運良く近くにいた。彼女は少しパニックになっていたのでサーフボードを渡したんだ。」そして「私は誰もがやったであろうことをやっただけだ。」と述べた。

さすが人格者タジ・バロウ、真のスーパーヒーローだ。しかしこんなナイスガイなサーファーがトラブル時に近くにいるとも限らない。リーシュコードの点検も忘れずにやっておきましょう。▶︎サーフィン リーシュコードの劣化事故・選び方・交換時期・点検/保存方法

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!