週末サーファーが絶対やっておくべき体幹トレーニングとは?

ライター: ario

4795Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン 体幹トレーニング

サーフィン体幹トレーニング『プランク』+α

週末サーファーが毎週楽しみにしている週末サーフィン。必ず土日両方行けるならまだしも、仕事が忙しかったり家庭の都合で予定が合わなくて1ヶ月や2ヶ月ブランクが空いてしまうこともしばし ば・・・ あまりにブランクが大きすぎて、せっかく波がいいのに体が動かなくて歯がゆい思いをし たことが・・・という人もいるのでは?

そういうサーファーが「サーフィンのめたに最低限このトレーニングだけやっ ておけばなんとかなる」というトレーニング、それは「体幹トレーニング」です。

サーフィンにおいて最も必要な筋肉は体幹のインナーマッスル。パドル、ドルフィンス ルー、テイクオフ、ライディングなど、サーフィンすべての動きに関わる筋肉です。「え? パドリングに必要なのはパドル筋でしょ」と思うかもしれませんが、それよりも大切なのは、 まず体幹です。

パドリングが進まないひとつの原因は、体幹が弱いせいでパドル時に板が左右 に傾いてしまうこと。特に初心者はサーフィンに必要な体幹が出来上がっていないため、 このような状況に陥りやすいと言えます。テイクオフの時もパドルと同じで、板が左右に 傾いてしまうとスムーズに立ち上がることができません。

それから、実はドルフィンスルーにおいても体幹が重要なんです。このあたりはジョンジョ ンフローレンスもドルフィンスルーのトレーニングを披露している動画内で「It’s all in your core!(体幹が重要だよ)」とコメントしています。

ライディングに関しても良いターンを生み出すのは「足でも手でもなく、体幹だよ」と、 ハーレーのライダーで元CTサーファーのブレット・シンプソンがコメントしています。詳細は:ブレット・シンプソンが語るサーフィン上達5つのヒント

もう一度言います。全身をまんべんなくトレーニングできるに越したことはありません。 しかし、わずかな時間を使ってまず真っ先に鍛えるべきは体幹なのです。

1.これだけは絶対やっておくべきトレーニング「プランク」

体幹を鍛える方法はいろいろありますが、オススメの体幹トレーニングは、「プランク」 です。プランクの正しいやり方はコチラ。

うつ伏せの状態で両腕の肘、両足つま先を肩幅にひらいて4点で身体を支えます。脚は伸 ばし、腕はL字に曲げて肩の下に肘がくるようにして、首は上げたり下げたりしない。お尻を突き出したり、腰を反らしたりもしてはいけません。横から見た時に肩から かかとまでが地面と平行になるような姿勢で、お腹をへこませ、お尻を締めます。

まずはこの姿勢を30秒キープ(少なくとも最低15秒)することから始めて、慣れてきたらその時間を徐々に延ばしていき ましょう。最終的には5分程度できるようになるといいでしょう。

1+α.サーフィントレーニング「プッシュアップ テイクオフ」

もし余裕があるならプランクに加えてもうひとつ、テイクオフに特化したトレーニング もやっておきましょう。やり方はとてもシンプル。

まず、プッシュアップ(腕立て伏せ)を5回します。5回めを終えたらその場でテイクオフ。 これを1セットとして5セットこれを繰り返しましょう。けっこう疲れますよ。

このトレーニングでテイクオフの形を普段から身体に覚えさせておくトレーニングをして おけば、立ち上がった時のスタンスがバラバラになることなくスムーズにライディングに 移行できるし、ラウンド後半になってテイクオフ時にボードが押せなくなることも減るで しょう。

1と2、合わせて10分もあればオーケー。オススメなのは、少しだけ早起きしてやるこ と。なぜなら、サーフィンは朝一にやることが多いからです。「これだけやればサーフィ ンがうまくなる!」とは言いませんが、週末サーフィンを少しでも快適にするための効果 は抜群です。ぜひ試してみてくださいね!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ario

ario

オウエン・ライトの身長とロブ・マチャドの髪質を授かったが、残念なことにレギュラーフッター。三人の娘を育てながら、日々サーフライフバランスの実践を模索中。出没ポイントは千葉一宮。