もはや真冬の海は寒くない!サーフィン最新ウェットスーツ事情

ライター: ario

2550Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

夏が終わっても、海水温はまだまだ高い季節。このままこんな日が続けばいいのに・・・と思ったりする方も多いと思う。しかし、現実はそう甘くない。筆者がサーフィンをする千葉北エリアでは10月も後半になると一気に水温が下がり、寒く長い冬がやって来る。そうなると、ウェットスーツの出番だ。そろそろ閉まってあるウェットスーツを引っ張り出して、細かに点検したほうがいいだろう。劣化によって機能性が大分落ちてしまったウェットスーツでは、寒くてサーフィンどころではない。もう何年も同じウェットスーツを使用しているという方は要注意である。場合によってはウェットスーツの新調も視野に入れたほうがいいかも知れない。

実はここ数年でウェットスーツの性能は飛躍的に向上している。以前は「セミドライスーツ」と呼ばれる、表面が5mm厚の黒ラバー、裏地が起毛素材のウェットスーツが定番だったが、最近ではより防寒性能の高いドライスーツや、薄手のラバーを使用して運動性能と防寒性能を両立させたセミドライスーツの登場で、ぐっと選択の幅が広がり、真冬の海で驚くほど温かく快適にサーフィンできるようになっているのだ。ここでは最新のウェットスーツをタイプごとに、(あくまで千葉北エリアでの使用という観点から)解説していこうと思う。古いウェットスーツしか持っていない方は、ぜひ新規購入の際の参考にしていただければと思う。

 

ドライスーツ(ブーツ一体型ウェットスーツ)

ドライスーツ

 

ウェットスーツの選択肢が広がったのは、なんといってもこのサーフィン用ドライスーツの商品化に拠るところが大きいだろう。防水性能が極めて高く、冷たい海水が侵入してこないので、驚くことにサーフィン後も体がほとんど濡れない。インナーシャツを着ることでウェットスーツ内の温度を調節できるのも特徴だ。サーフィン前からインナーを着込んでおけばサーフィン前の着替えも寒い思いをせずに済む。体がほとんど濡れないため、中には靴下まで履いて完全防寒スタイルで波乗りするサーファーもいるほどだ。体が冷えないため、サーフィン中の体への負担が少なく、サーフィン後の着替えも比較的楽である。

そんないい事尽くめに見えるドライスーツにもいくつか弱点がある。まず、スーツ内に空気の層を作って保温するという特性上、その空気のせいで体を水の中に沈めづらい=ドルフィンスルーがしづらい。頻繁にドルフィンスルーが必要となる「波が大きくオンショア」というようなコンディションにはあまり適さないだろう。また、防水性能を高めるために首回りがきつめになっているため、慣れていないと着脱に多少手こずるのは否めない。

防水性の高い首回り↓

rlmドライスーツ首周り

 

それから、これは頻尿を自覚している筆者が一番苦労する部分なのだが、ドライスーツはブーツと本体が一体になっているため、スーツ内で用を足すことができない。セミドライであれば、スーツ内が全体的に濡れるので気にならないだろうが、ドライスーツの場合は乾いた足下に尿だけが溜まってしまうことになる。ドライスーツを着用する場合、サーフィン前のコーヒーは控えめにしておいたほうがいい(コーヒーには利尿作用がある)。

ドライスーツが活躍するのは1月〜4月の、波が比較的落ち着いたコンディションの時と言えるだろう。ゴムの耐久性も非常に良いものが多いので、首回りのメンテナンスをしっかりと行えば長持ちさせることも可能だ。発売当初から幾度となく改良が加えられ、今ではどのメーカーのドライスーツもかなり成熟した完成度を誇っている。決して安い買い物ではないが、一つ持っておくと、真冬の千葉北などもう怖くない。

※参考に以下リンクを載せるが、ウェットスーツはサーフショップの人と相談してそのショップで購入するのをお勧めする。

 

セミドライスーツ

最新のセミドライスーツ

 

それでは、定番のセミドライはどのように進化をしているのだろうか?最近のセミドライはドライスーツが生み出した高い防水性能のノウハウをうまく取り入れることによって、首回りからの浸水が極端に少なくなった。また裏地についても、起毛素材以外にセラミックやチタンなどを加工して貼付けるという最新テクノロジー素材の開発によって保温性能が飛躍的にアップしている。保温性能が上がったことによって、ゴム厚を5mmから4mm、3mmと薄くすることも可能になり、それがすなわち「軽く動きやすい」セミドライの実現につながっている。肩が良く回るのでパドリングもとてもスムーズだ。

※参考に以下リンクを載せるが、ウェットスーツはサーフショップの人と相談してそのショップで購入するのをお勧めする

あなたにピッタリのウェットスーツは?

いずれにせよ、千葉北で真冬にサーフィンをするのに必ず要るのは、何はともあれ、まずセミドライだ。どのようなタイプのセミドライを選択するのかは、ドライスーツを持つか持たないかによって大きく変わってくると言える。水温が極端に下がる1月2月頃はそもそもサーフィンをやらない人や、その時期は千葉南や湘南など比較的水の温かいエリアへ向かうという人はドライスーツを持つ必要はないかも知れない。どんなタイプのウェットスーツが自分にピッタリなのか、まずはこちらのチェックリストであなたの冬のサーフィンスタイルを確認してみよう。

  • ・冬の間も、週1回もしくは2週間に1回サーフィンに行く。
  • ・冬の間もサーフィンするのはほとんど千葉北エリア以北だ。
  • 寒さには強いほうだ。
  • ・海に入っている間はじっとせず、忙しく動き回るほうだ。
  • ・1ラウンドの時間は2時間以上だ。
  • サイズのある波が好きだ。

 

【Yesが3問以上の方】

あなたは冬の間も真剣にサーフィンに取り組むタイプと言える。ドライスーツとセミドライを両方持って、状況によって使い分ければより快適にサーフィンができる。ウェットスーツの使用頻度が高く運動量も多いので、セミドライスーツは少々値が張ったとしても、耐久性やクオリティが高いものを選んだほうが、結果的には満足できるのではないだろうか。

【Yesが3問未満の方】

あなたは冬の間は「そこそこ」サーフィンを楽しむタイプと言える。ウェットスーツの使用頻度はそれほど高くなく、運動量もほどほどだろう。もしあなたがかなり寒がりなのだとしたら、ドライスーツをオススメする。セミドライスーツは自分の使用頻度に合わせ、コストパフォーマンス重視で選んでみてはいかがだろうか。

各メーカー最新ウェットスーツカタログ

あわせて読みたい冬のアイテム記事

ウェットスーツ関連記事
期待を遥かに超えた、冬のおすすめサーフアイテムと裏ワザ

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ario

ario

オウエン・ライトの身長とロブ・マチャドの髪質を授かったが、残念なことにレギュラーフッター。三人の娘を育てながら、日々サーフライフバランスの実践を模索中。出没ポイントは千葉一宮。