日本人の写真家初!笹尾和義の作品が欧州最高峰マガジン『ノルディクサーフマガジン』に掲載される

ライター: WAVAL

261Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


・ヨーロッパ欧州サーフスノージャーナルマガジン『ノルディクサーフマガジン』

日本人の写真家として初めて掲載されるまでの経緯や想い

ヨーロッパを中心に世界をまわるフォトグラファー笹尾和義の写真が、日本人の写真家として初めて、欧州写真家やサーファーが目指す最高峰マガジンNordic Surfers Mag(ノルディクサーフマガジン)に全14ページにわたって掲載された。以下一部抜粋してご紹介します。

笹尾和義

笹尾和義

笹尾和義Photo by 笹尾和義@ノルディクサーフマガジン

・ヨーロッパ欧州サーフスノージャーナルマガジン『ノルディクサーフマガジン』とは
バックカントリースノーボードや、雪の中でのサーフィンなど、寒冷地サーフィンをフォーカス。サーファーや写真家が人生をかけた物語を表現するスノーサーフジャーナルマガジンだ。アメリカのサーフジャーナルと同じく欧州写真家やサーファーが目指す最高峰のマガジンとなる。

・笹尾和義 氏のコメント
3年前…今思えば、本当に過酷で欧州サーファーや写真家もやらないほどの欧州10カ国のロードサーフトリップだった。しかしこれは私にとって生涯の財産となった。ヨーロッパには美しい風景や文化が沢山ある。今は少しでもヨーロッパビーチカルチャーが日本に広まる機会が増えている事をとても嬉しく思うし、何より各国のみんなに恩返しがしたいと思っている。

・掲載までの経緯
私はその欧州10カ国のロードトリップに日本人として初参加し、各地のフェスティバルで合同写真展も行った。行く先々で各国の写真家、サーファー、クラフトマン、雑誌やWEBマガジンの編集長もいて、旅先で色々助けられ、衣食住を長く過ごし、彼らとの親睦を深めた。

ある日オランダ写真家の友人から、「欧州サーフジャーナルマガジン BACK WASH を日本で撮影するプロジェクトがあって、日本のプロジェクトのためにイギリス人写真家の友人が来日するからアテンドをして欲しい。」と私に連絡があり、日本人写真家として初参加した。

そしてその後、ご縁は繋がる。その彼らの友人達の写真家が最近集まり、欧州最高峰サーフジャーナルマガジンであるノルディクサーフマガジン10周年目の節目に日本をフォーカスしたいと話していたそうだ。その時に一緒にいた彼が、日本の写真家のSASAOは相当クレイジーだと、またSASAOの人柄や写真のセンスが凄いと話が上がり、今回 有難くも掲載のお話を頂きました。

笹尾和義 Photograph in JAPAN

北陸シークレットポイント
笹尾和義

北陸シークレットポイントに挑むプレーヤー
笹尾和義

日本の世界遺産 白川郷
笹尾和義

・笹尾 和義(sasao kazuyoshi)プロフィール

愛知県 名古屋市在住​
15歳の時にアメリカカリフォルニアのサーフビーチカルチャーに影響を受け18歳で愛知県伊良湖岬でサーフィンを開始。同時にフィルムカメラとムービ撮影を開始、友人達と自作でムービー製作などを手がける。21歳で地元の出版社に入社後、師と出会い仕事をを通して、音楽、車、ライフスタイル、サーフィン、ファッション、企画、ディレクターなど、名古屋ストリートカルチャーと名古屋ビーチカルチャーの歴史に絶大な影響を受け、ライフスタイルの本質的な部分や人間模様を学び人生の生き方を学ぶ。28歳地元の出版社を退社後、本格的にフリージャーナリストとして活動開始、自分自身の生き方や海から得る人間の本質的なライフスタイル衣食住をテーマに、個性的なフリーサーファーにフォーカスを開始。ポートレート撮影、風景撮影、カタログ撮影、雑誌撮影、WEB広告撮影、プロダクト撮影、水中撮影など数多く携わるようになる。現在国内と世界各国の国際交流プロジェクトに参加、アメリカアウトドアブランドPatagonia写真家とオーストラリアファッションブランドrhythmの写真家として活動。現地の文化や環境問題、ライフスタイルの撮影を取材。作品を国内外で発表し個展や雑誌、WEBマガジンに掲載している。またカメラ講師の活動開始、旅や撮影で得た様々な事を教壇伝える活動をしている。​

・笹尾和義インスタグラム: @330photogalleries ,@euro_surf_style
・ノルディクサーフマガジン掲載P: nordicsurfersmag/nsm-27



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)