「ありのままの美しさに出会いたい」玉井太朗”THE HUNT”

ライター: WAVAL

180Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

玉井太朗

「いつやってくるかわからない ”ハンティング”の要素。季節を問わず、その時にいい場所にいれるか」

玉井太朗は、世界全体、が交流や深い考察に値するものだと考えている。地球と地球上のあらゆるものに密接に関わるうちに、彼の心に強く響くものがあった。その結果、地球全体が好きになったという。

「釣り。その状況のありのままを受け入れ、そこで自分に何ができるのか」

フィッシング、サーフィン、スノーボーディングという趣味のそれぞれからひらめきを得ることで、太朗は周囲の自然や生き物と深く関わっている。また、それらの趣味が雪や海に対する独自の取り組み方に繋がっている。

玉井太朗

「美しいもの、喜び。自分の為ではあるけど、家族や友達とシェアすることが大きな喜びになる」

冷たくて誰も乗っていない大波や春に降る雪、難しく逆説的な状況に関心を持っている。ごく微かな美しさを持ちながらも、あまり探求されていない道が地球には存在する。太朗は常にそういった道を選んできた。彼のスノーボーディングは単に因襲を破るだけではない。

玉井太朗

「繋がり。海、山、人間、細胞…どれが1つ欠けてもいけない。ありのままの美しさに出会いたい」

山々が与えてくれるチャンスや、人生に対し非常に洗練された自身の哲学の明確な部分に通ずるであろうあらゆるものを、純粋に表現しているのである。Terasu により制作された、玉井太朗 氏の世界観が表現された14分程におよぶショートムービーをどうぞ!人間らしく生きることとは…。

パタゴニア アンバサダーである玉井太朗 氏。 スノーボーダーでありサーファーである玉井太朗は自らをスノーサーファーと表現し「雪、波。ふたつは相似する、人間と地球との純度の高い接触点である」とのビジョンを訴え続けている。北海道ニセコに拠点を構え、世界屈指の粉雪と、冷たい海のスポットを開拓しながら、写真、映像、文章、そして自らデザインするボード「gentemstick」でボードカルチャーの本質を追い求めている。 – パタゴニア

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)