海外移住で得たもの失ったもの~ニュージーランド永住権取得の経緯~

ライター: shinji_dog

922Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ニュージーランド サーフィン 2
・ニュージーランド マウントマウンガヌイ @leejessica_nz

オーストラリアからニュージーランドへの移住

前編である『海外移住してサーフィン生活を送るまでの経緯や得たものとは』の後編『海外移住で得たもの失ったもの~ニュージーランド永住権取得の経緯~』をお伝えします。ここでは私がニュージーランドへ来た経緯と永住権取得までの道のりを中心に、またそこで得たもの失ったものをご紹介させて頂きます。

・前編はこちら▶︎海外移住してサーフィン生活を送るまでの経緯や得たものとは


1.オークランドに1ヶ月——-
オーストラリアでの2年間のワーキングホリデー生活が終われば日本に帰る予定だった…

しかしニュージーランドへワーキングホリデーへ行った、オーストラリアで知り合った友達たちから「ニュージーランドも波が良く、冬は寒いが自然豊かで人も優しく住みやすい。」と聞き良さそうな国だなと直感的に感じたのです。そしてもっと旅がしたくなった私はワーキングホリデーのビザを取りにニュージーランドに行くことにしたのです。

ニュージーランドの北島にある都市オークランドで最初の1ヵ月間は、車を探したり銀行口座を開いたりなど生活するための最低限必要なことを済ませながら、空いた時間でで少し興味のあったバリスタ(コーヒーを作る人)の学校へも通い充実した1ヶ月を過ごしたのです。

オークランド

その後手に入れた車で東海岸を下り、仕事を探しながら以前に友達が住んでいたコロマンデルへ。下の写真はコロマンデル半島(Coromandel Peninsula)にあるとあるビーチ。人も少なくクオリティーの高いビーチブレイクで最高なのです。

・コロマンデル半島の綺麗なビーチブレイクニュージーランド

・コロマンデル半島

この写真は去年私が撮影したものでこの時バレル祭りでした。しかし当初初めてここを訪れた時は波は無く、仕事も見つからなかったためそのまま東海岸を更に下りマウントマウンガヌイという町に着きました。

2.マウントマウンガヌイへ~永住権取得と海外移住により得たもの失ったもの~—–

・マウントマウンガヌイ

その当時、一緒にいた奥さん(色々あり別れることに…)と2人してこの町でタイミング良く仕事を見つけました。当時(3年半前)は永住権もまだ取り易い国であったこともあり、サーフィン以外あまり興味のなかった私達ですが、ここニュージーランドで永住権をとってみようと思い仕事にサーフィンに?励んだのです。

何よりこの町がとても好きになったことが永住権を取ろうと思った1番の理由です。ちなみにマウントマウンガヌイの良い所は、普段波が小さいのですが、サイズが上がればクオリティーが格段に良くなるところです。

ニュージーランド サーフィン 2

こちらの写真は以前一緒に住んでいたフラットメイトのLee @leejessica_nz によるもので、彼女はなかなか良い写真を撮るのです。町は小さいコミュニティなのですがみんなフレンドリーなサーフタウン。

しかし約10年間一緒にいた奥さんとはこの町で別れる事に…。お互いの事は知らない事など無いくらい身近にいた彼女と別れるのはとてもハードでしたがお互いに決めた事。何よりその彼女と10年間という長い間、とても良い時を過ごせた事、色々助けてもらった事、今ではほとんど連絡は取らないが家族の様な存在だ。そんな彼女もここニュージーランドで家族を築き一生懸命頑張っているのが私にとっても海外生活の良い励みになっているのです…とまぁ、私事はさて置き人生とは短いので楽しむ!につきると思います。

これは海外移住により失ったものでもありますが、苦しみを乗り越え、自分を知ることを含む様々な気付きを得ることができました。

3.本当に住みたいと思える場所とは——

ニュージーランド永住権取得への道は簡単なものではありませんでしたが、地元のカフェでシェフとして朝の5時から地道に働き、地元の人たちから助けて頂き私の今があるのだと思います。

本当に良い人達に出会え、こんな英語の解らない外国人の私を迎えてくれた友達たちに感謝感激雨あられ。私にとって本当に住みたいと思える場所は『サーフィン生活を仲間と楽しめる場所』なのです。あなたにとって居心地の良い住み良い場所を探してみてはいかがでしょう、そんな場所は海外に限らずもちろん日本にもあります。私が育った大阪は、海は遠いがかけがえのない場所で、今でも家族が住んでおり近い将来には地元へ戻り何かできればとも思っています。とまあ私事ばかりで参考になるかわかりませんが、結論は『サーフィン生活を楽しもう』という事です(笑)。

日本の若い世代の人たちがこれを読んで頂き、サーフィンを通じて旅と冒険、新しい世界への1歩になればと…

インスタグラムで私の海外生活の近況などアップしていますのでフォローよろしくお願致します。インスタグラム▶︎@shinji_dog

おわり

 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。