サーフボードと共に欲しいアルメリック×カーバーコラボのサーフスケート

ライター: Mg

790Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

アルメリック人気モデル「フライヤー」と「ポッドモッド」がスケートボードに

サーフボードでおなじみ、名実ともに世界トップクラスのサーファー達がその名をチームに連ねるチャンネルアイランド(Channel Islands Surfboards)のアルメリック。信頼を置かれる操作性と豊富なモデル、そして優れたデザイン性で、長きにわたり多くのサーファーの心を掴んできた、1970年誕生の超人気サーフボードブランドです。

サーファーはオフトレにサーフスケートを使ったりもしますが、裏側にこのアルメリックのサーフボードを思わせるデザインが出ています。

アルメリックデザインのサーフスケートはスケートのメーカー、カーバー(CARVER)とのコラボのもの。
1995年誕生と歴史は比較的若いながらロングスケートではカーバーも同じく絶大な人気を誇るトップブランドで、メーカーの代名詞といえるサーフィンの動きを追及した稼動するトラックのパイオニア的存在としても知られます。

見た目も乗り心地も興味を惹かれるアルメリック×カーバーコラボ。2タイプの「フライヤー」と「ポッドモッド」を、ここではCX4トラック採用モデルでご紹介します。

◆スケートのトラックについて

スケートはおおまかにデッキ(板)、ウィール(タイヤ)、トラック(ウィールの土台でデッキに取り付ける部品)にそれぞれ奥の深い特徴があり、目指すすべり方があるならトラック選びも重要です。

CX4とは—–
CX4とはカーバーで出しているトラックの中のひとつの名前です。CX4は何が新しいかというとサーフィン、スケート両方の動きを想定されていて、安定したカービングの動きも得意ながらエアー系の激しいアクションも可能で汎用性が広いこと。

実際の動き方に関して乗り心地の比較動画があります。カーバーのこのCX4と比較されるのはイントロのCTX。各メーカーのモデルにこれらのトラックを取り付け、スケーターが試乗してみせるものです。どちらが良いというのはなくて自分の好みの問題となります。

サーフ、スケートの両方の動きを想定されたカーバーのトラック CX4

カーバー_CX4

このところ人気のCX4、サーフィンとスケートの両方の動きを想定した絶妙なスプリング感と回転性があり、カービングのイメージを再現しやすい安定感を保ちつつ、エアーのイメージでのアグレッシブな乗り方にも対応します。フロント部分に。

アルメリック×カーバーコラボ「フライヤー」

1点目。「迷ったらこれ」なスタンダードタイプと考えて良いでしょう。

アルメリック_カーバー_フライヤー

ショートボードでアグレッシブなアクションの練習にCX4トラック付▶

【サーフボード版ニューフライヤー】

フライヤーが前身で小波用に開発され、世界中のサーファーに愛されてきたロングセラーの超人気モデル。

アルメリック×カーバーコラボ「ポッドモッド」

2点目。サーフボードと同じく短めながらボリューム感があり小波のイメージトレーニング用が適しています。

アルメリック_カーバー_ポッドモッド

【サーフボード版ポッドモッド】

2000年の人気モデルでミニボードの先駆け、ポッド The Podが前身にあります。短くても浮力があり滑り出しや操作性の良さに定評があります。


海でも陸でもアルメリックざんまいが可能ですね。「相棒」でモチベーションをアップさせるのも大事です。
メジャーなメーカーですので迷ったらお近くの取扱いサーフショップに相談してみてください。

アルメリック_カーバー
画像出典:カーバースケートボード

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Mg

Mg

海の街に暮らしています。 海をベースに、人と自然の交わるところで日常がより良くなるような情報を発信していきます。