またも日本快挙【女子高生スケーター中村貴咲】Xゲーム日本人初金メダル!

ライター: Mg

1371Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

中村貴咲_日本人初金

「女子高生スケーター」が世界の頂点に立つ@テキサス・オースティン

中村貴咲なかむらきさ)。この名前は覚えておいた方が良いです。
6月4日、X Games(エックスゲーム)オースティン大会スケートボード競技において日本人初、アジア人としても初となる金メダルを弱冠16歳の女子高生、中村貴咲(なかむらきさ)が獲得!

X Gamesでの日本人初の金メダルは、先の冬のオスロ大会スノーボード競技でも平野歩夢角野友基の2人の10代が2種目制覇の快挙を成し遂げたばかり。日本の10代の勢いは一体どこまでいくのでしょうか。

「スノーボード・ハーフパイプ、ビッグエアと続けて日本人2種目制覇」世界最高峰のウィンタースポーツの祭典Winter X GAMES(ウインターエックスゲーム)2016関連記事:
【ソチ五輪銀メダリスト平野歩夢】日本人初の金!X GAMESスーパーパイプ
【角野友基】X GAMESビッグエア日本人初の金!


中村貴咲(なかむらきさ)世界頂点。無邪気な10代の顔も

今回のX Games、中村貴咲の優勝に先駆け、バーチカル部門で柴田元(しばた もと)が準優勝しています。とにかく「ヨコノリ」日本、強い!

映像は女子スケートボードのパーク競技ファイナル。ノーミスで、予定のルーティンを完全にこなし高得点84.33ptを獲得。リジー・アーマント、ジョーディン・バラットら強豪を破り、みごと優勝。優勝が決まりそうな瞬間に「ヤバい!ヤバい!」と日本語で連呼。5:53頃~。

中村貴咲_日本人初金

大原洋人、角野友基らと共に中村貴咲(なかむらきさ)JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016受賞

■JAPAN ACTION SPORTS AWARDSとは

一般社団法人JASA(日本アクションスポーツ連盟)からサーフィン、スノボー、スケボーなどの”ヨコノリ”貢献者に贈られる賞

JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016受賞者

【サーフィン】SURFER of the YEAR
大原洋人(Man) ・田代 凪沙(Woman)

【スノボー】SNOWBOARDER of the YEAR
角野友基(Man) ・鬼塚 雅(Woman)

【スケボー】SKATER of the YEAR
・瀬尻 稜(Man) ・中村貴咲(Woman)

■中村貴咲(なかむらきさ)プロフィール

●兵庫県出身。2000年5月22日生まれ、16歳になったばかりの女子高生。
●スポンサーはGoProほか。
●はじめてのスケボーは6歳。
●8歳で「VERTMEETING」初参戦。バーチカル種目で初優勝を果たす(一緒に大人が参加しているのにも関わらず!)。初っ端からケタ外れの才能を発揮。
●その後レディースの全国大会で連覇を飾り、確かな実力を世間に知らしめる。
世界大会へ初参戦すると初戦にも関わらずあっさりと準優勝。女子として日本人初の快挙をすでにこの時にも達成。
●その後VANS USオープン、Girls Combi Pool Classicといったスケボーの本場アメリカの大会での入賞歴
●今回、世界最高峰とも言われるエクストリームスポーツの祭典X Gamesオースティン大会で日本人初の金メダルを受賞

若くして世界の脚光を浴び、とどまるところを知らぬ才能を発揮しています。オリンピックが決まったらまさに優勝の有力候補ですね。

今、日本の10代がアツい

世界最高峰のスポーツの祭典X Gamesにおいて中村の日本人初、その上10代での金メダル獲得は平野、角野に続く快挙!うれしいニュースです。
またしても日本人の可能性、さらに中村は女性の可能性をも世界に示していますよね。

歴史的にヨコノリ後進国と言っても間違いではないといえる日本が、世界最高レベルの、名誉あるX Gamesで続けて金メダルを獲得。これまでの歴史が変わっています。今後ますます盛り上がると思われる「ヨコノリ」で10代が世界に挑み、いかんなく才能を発揮し勝利してくる。
オリンピックで前進したい日本にどんどん追い風が吹いているようですね!

中村貴咲_日本人初金


Kisa Nakamura Facebook
中村貴咲 Instagram

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Mg

Mg

海の街に暮らしています。 海をベースに、人と自然の交わるところで日常がより良くなるような情報を発信していきます。