バリ島メジャーサーフスポット『バリアン』でシャークアタック発生

ライター: Micky-G

7Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

balian-beach
画像出典:http://baliinformationguide.com
記事参考元:http://world-surf-movies.com


「バリアン(Balian)」は、インドネシアのバリ島でサーファーに人気のメジャースポット。バリの繁華街であるクタから北西50キロ弱、車で1時間半ほどの場所です。

バリアンはバリでは数少ない河口のポイントでコーラルリーフのボトム。普通のリーフポイント同様、地形は常に同じ地形が保たれ、左右に綺麗に優しくブレイクするメジャースポット。

が、そんなバリアンで、4月25日の午前7時頃にシャークアタックが発生し、負傷者も出ました。こんな身近なジャースポットでもサメが発生し負傷者発生とは他人事ではありません。ショッキングですね。

シャークアタック
画像出典:http://stabmag.com/news


被害者はカリフォルニアから訪れていたアメリカ人サーファー。以下は現場に居合わせたバリアンを拠点とするツイギー・ヴァン・ライアンのコメントです。

「バリアンの河口目の前のワルンで朝食を摂っていると、あるサーファーの肘を抱えながらローカルサーファーが海から上がってきたんだ。ボトムにヒットして、肩が脱臼したんだろう位にしか思わなかった」。

「すると、そのサーファーのガールフレンドが『シャークアタック』って口にした事で、ようやく事態を把握したよ。私は止血帯としてラッシュガードを持って現場に向かった」。

「かなりの重傷で、肘の両側に10センチくらいの傷跡があったから、サメが肘全体を丸ごと噛み付いたんだろうね。出血がひどくて、途中で1分弱ほど意識を失ったりしてたよ」。

その後、被害を受けたサーファーは病院に搬送。ツイギーのフェイスブックによると、被害サーファーの仲間と後に連絡を取り、術後は順調に回復に向かっているとのこと。

今回のサメは種類が特定されていませんが、河口という場所柄、淡水でも生息可能なオオメジロザメ(英語では:Bull Shark)の可能性が極めて高いと言われています。

さて、日本人サーファーにも馴染み深いバリ島でのシャークアタックとあり不安に感じる方も多いはずの事故。そこで、バリアンで9年暮らしているアメリカから移住してきたエディ・ビアンカーディが、バリアンでのサメ事情について語ったコメントが以下の通り。

「バリアンでサメをよく見るよ。海面からジャンプするからね。ここ5年では、今回が5件目のシャークアタック。ただ、これまでの4件は軽傷だったから報道されてないんだ」。

・サメのジャンプ映像(GoPro撮影)

「シャークアタック発生時は、大半が川からの水が流れてきて海水が濁ってる時だね。今回もまさにそうだったし」。

サーファーとしては、「海水が濁っている時」や「早朝や日没前の薄暗い時間帯」には海に入らないなど、サメとの遭遇確率を極力下げることを意識するしかないのかもしれません。以下の記事も参考にどうぞ。
▶︎【シャークアタック】サメに遭遇したら心がけたい5つのこと

SHARKBANZ2 サメ避けバンド SHARKBANZ2(SLATE-AZURE,フリーサイズ)

記事参考元:
http://world-surf-movies.com
http://stabmag.com/news
http://www.news.com.au/sport/more-sports

World Surf Moviesの最新オススメ記事
マイキー・ライトの足首負傷シーンも収録されたクイックシルバーライダー@西オーストラリア
豪WA州南西部でサメ注意報が発令!鮭の大群が意味する生態系の変化

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』をモットーに、独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。