手作りの『オリジナルサーフスケートボード』を作ろう

ライター: WAVAL

1246Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフスケート

最新技術『レーザーカッター』を使用して、手作りのオリジナルサーフスケートボードを作ろう

今やサーフィン上達の為の陸連に欠かせないサーフスケート。市販のサーフスケートも良いですが、自分でデザインしたオリジナルのサーフスケートボードを作れたら、これ以上ない愛着もでるでしょう。使い古しても味を出しても良し、使わずに部屋やお店のオブジェにしても良しです。結婚式の装飾品として使う人もいます。

サーフスケート関連記事:サーフィンが上手くなりたければ今すぐスケボーを!スケボー効果9点

今、最新のレーザーカッター技術を使うことで、自分だけのカスタムサーフスケートが楽しく、容易に作れてしまいます。サーフボードのシェイプはなかなかハードルが高いですが、サーフスケートボードなら自分で作れてしまいますね。

レーザーカッターの使い方

画期的な加工技術機械レーザーカッターの使い方は、ロゴなどのデジタルデータをパソコンに送り、パソコンとレーザーカッターを繋ぐだけ。まずはこちらの動画をどうぞ▶



オリジナルサーフスケートボードの作り方

色んな型から好きなモノを選びます。

サーフスケート

板に型を鉛筆でなぞり、電動ノコギリで型取りしていきます。

サーフスケート

また機械で回りを綺麗にサンドしたら、ホイールの穴を開けていきます。

サーフスケート

ロゴデータをレーザーカッターに送って自動で刻印。

サーフスケート

ニスとホイールを付けて完成!

サーフスケート

サーフスケート

サーフスケート

モノづくりって素晴らしいですね!3Dプリンタ、3Dスキャナー、3Dモデリングツール、レーザーカッター、シルクスクリーン/縫製/陶芸など、あらゆるモノづくり機材がひととおり揃っている東京目黒のシェア工房はこちら(http://makers-base.com/)。様々なワークショプも開催しているので調べて足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、あくまで目安の1つですが、ショートボードで胸〜頭半サイズの波をイメージするなら標準的なデッキサイズ36インチ前後の長さを。アップス&ダウンや、グラブレイルによる大きなターン練習が可能になりますよ!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)