サーフィン上達テクニック-テイクオフの基本とコツ『5ステップ』

ライター: surfpro

2455Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

初心者のうちに正しくマスターを!サーフィンで最も大切なパドリングとセットの”テイクオフ”

テイクオフはサーフィンの基本でありながら、かなり奥が深いテクニックの1つ。パドルの次に覚えるテクニックだ。(パドリング テクニック記事:【How to】サーフィンテクニック-パドリングの基本と早く進むコツ

初心者のうちにしっかりと正しいテイクオフをマスターしておくことでサーフィン上達スピードが変わる。そして次のステップ、ボトムターンにも入り易くなる。

テイクオフはただ立てば良いわけではない。テイクオフ1つでスピードの付き方、次のアクションの質が大きく変わるのだ。今回は以下記事にあるデーン・レイノルズの動画を使用して解説しよう。
【How to】サーフィンテクニック-バックサイドオフザリップのコツ

【How to】サーフィンテクニック-テイクオフの基本とコツ-5ステップ

1.この波!と思ったら

衝突事故を回避、また前乗りにならないよう周囲を確認しながらパドリングを。そして波の崩れ方、 波先の変化を瞬時にイメージしつつリラックして波のピークに合わせていく。

2.サーフボードがパドリングしなくても走り出す状況に

パドリングによりサーフボードが波に押され、パドルを止めてもボードが走り出す状況になった瞬間にボードに手をつく。

サーフィン テイクオフ7

3.下を見ず進行方向を。脇腹の下あたりに手を置く

ボードに手をつくとき、初心者にありがちだがボードのレールを掴んではいけない。余計な力がかかりテイクオフが遅くなる。

立つときは目線を下げず、進行方向を見る。下を見ると重い頭が下がってしまう他、ボードと体のスペースが狭くなる原因にもなる。

サーフィン テイクオフ6

4.後ろの軸足からテイクオフ

尻を上げて胸とボードの間に足を入れるスペースを作り、後ろの軸足から前足の順番でテイクオフを。後ろの軸足からセットすることで安定感が増す他、前後の体重移動が加わりスタートから加速し易くなる。

このとき、後ろ足のヒザを少し外に向けてながら立つことで、後ろ足を上げ易くなり足がひっかからなくなる。また頭の位置がぶれず、初めからデッキパッドに足を置き易くなる。

サーフィンにおいて後ろ足加重はとても重要。これによりボードコントロール、加速、ターンにメリハリが付く。

サーフィン テイクオフ5

5.後ろ足のヒザを内側にいれて腰を落とす

お尻を落とすのではく、ヒザを内側にいれて腰を落とし、八の字の足のスタンスをとることで安定感が増し、柔軟な動きが可能になる。

サーフィン テイクオフ4

サーフィン テイクオフ3

サーフィン テイクオフ

テイクオフ

サーフィン テイクオフ2

+α. 掘れいている波や、レイトテイクオフの場合

上記テイクオフ基本の動きの他、波の崩れ方に応じて色々とアレンジしていこう。例えば掘れている波の時やレイトテイクオフになった場合、岸側の手を波側の手より前に着き、波側のレールを入れてながらテイクオフするときもあったりする。

ミック・ファニング3

ミック・ファニング

ミック・ファニング

以上。

前を向き、明日に向かってテイクオフ!

ミック・ファニングのテイクオフをスロー動画で見れる記事▶︎

WCTコンテスト前の”超豪華すぎる”フリーサーフィン

五感で感じる、サーフィンの『テイクオフ』▶︎

五感で感じる、理想的なサーフィンの『テイクオフ』


ビジネスサーフィン人気記事

サーファーが生産性の波をキャッチする方法-ビジネス編-
サーフィン3

人気の英会話サーフィン記事

オンライン英会話により、海外サーフトリップが格段に楽しくなった話
サーフトリップ英語

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!